クラウドファンディング 投資

【予定配当率7.5%】COZUCHI 【インカムゲイン重視型】相模原 リニア開発プロジェクトのファンドの出資者を2022年1月6日から募集開始

2021年12月28日

不動産投資型クラウドファンディングのCOZUCHIが1月6日に募集開始するファンドを公表しました。

詳細を確認してみましょう。

当ブログ限定のCOZUCHI(旧WARASHIBE)新規会員登録キャンペーンも実施中

期間限定ですが、当ブログ限定でCOZUCHI(旧WARASHIBE)の新規会員登録キャンペーンも実施中です

無料の新規会員登録だけでAmazonギフト券2,000円分が貰えます。

COZUCHI無料会員登録キャンペーンは当ブログ限定でAmazonギフト券2,000円分が貰えます【2022年2月15日投資家申請分まで】

不動産投資型クラウドファンディングのCOZUCHI(旧WARASHIBE)のファンド成立金額が50億円を突破したことを記念して会員登録キャンペーンを実施中です。 ...

ちなみに、COZUCHI(旧WARASHIBE)の会員登録費用や会員維持費用は一切かかかりません。

公式情報COZUCHI

COZUCHI 【インカムゲイン重視型】相模原 リニア開発プロジェクトのファンドとは?

ファンドの対象となるCOZUCHI相模原 リニア開発プロジェクトは、神奈川県相模原市に位置し、かつては採石場として使われていた場所で、2014年に取得。

 

この旧採石場は、神奈川県駅と山梨県駅を繋ぐ藤野トンネルの大洞非常口と呼ばれる場所の徒歩10秒に立地しており、発生した残土をすぐに処分できる場所として優位性があることから、JR東海が手掛けるリニア開発事業の残土受け入れ地としての契約済み。残土処分地として既に利用されています。

 

もちろん、残土受け入れに関する各種許認可は土地取得してから7年後の2021年11月22日に取得済みです。

採石場は、事業終了後に埋め戻しなどの防災工事や植林をおこないう復元することが必要ですが、リニア開発に伴う残土受け入れにより埋め戻しの費用は生じず、逆に残土受け入れによりリニア開発事業体から受け入れ費用を得られるという案件です。

ファンド事業主であるTRIAD社は、残土受け入れ事業の体制を整えるための戦略的子会社としてフジノロック社を設立し、さらに、TRIAD社と本物件でフジノロック社間で地代のマスターリースを行っており、本来は、収入源である残土受け入れの状況は日々変動するところを、地代としてファンドにおける配当原資を安定させています。

なお、JR東海が手掛けるリニア開発事業が行われる前提での投資案件ですが、リニア開発事業そのものが中止となった場合は、直ちにファンドの運用を終了とし、事業者であるTRIAD社が本物件を買い取ることを予定しています。

募集条件などは以下のとおり。なお、劣後出資は、10%で、ファンドの総額は約7億5千円です。

公式情報COZUCHI

運用期間や募集期間など

  • 運用期間:2022年1月31日から2023年1月30日まで
  • 募集金額:6億7500万円
  • 募集期間:2022年1月6日19時から2022年1月17日13時まで
  • 募集方式:抽選
  • 想定利回り:7.5%(キャピタルゲイン0%+インカムゲイン7.5%)

COZUCHIとは?

LAETOLI株式会社(旧株式会社SATAS、8月1日に社名変更)が運営するCOZUCHIは、不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しています。

ファンドは、需要の高い都内の不動産中心であり、再開発物件や売却が決定している物件などを精力的にファンドとして組成。

つまり、手堅い投資できるうえに、中途解約が可能というメリットがあります。

さらに、キャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当する方針であり、過去募集したキャピタルゲイン重視型のファンドは当初想定利回りを大幅に上回っています。

練馬区 武蔵関Ⅰ 年利283.5%(当初想定年利12%)

渋谷区 恵比寿 EXITファンドⅠ 年利62.2%(当初想定年利46.9%)

世田谷区 砧 EXITファンドⅠ 年利110.5%(当初想定年利50.9%)

数多ある不動産投資型クラウドファンディングサービスの中でも、比較的新しいサービスであることから登録者数がまだ少ないことから、おススメです。

COZUCHIの評判や口コミさらにメリット・デメリット・口座開設方法など徹底解説(旧WARASHIBE・不動産投資型クラウドファンディングサービス)

LAETOLI株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスのCOZUCHI(コズチ)の評判や口コミさらにメリット・デメリット・口座開設方法など徹底解説しました

公式情報COZUCHI

マスターリース契約により収益固定した案件

運用期間は1年で、利回りはマスターリース契約を締結することから固い案件ですし、万一リニア事業中止した場合もファンド運用中止のうえ、事業者が買い取る予定であり良心的なファンドです。

なお、本ファンドは1年の運用期間ですが、残土の受け入れは今後約5年にかけて行われていくため次年度以降のファンドでは、残土受け入れの状況によって配当も変動するようなファンド設計を検討中とのことです。

ご興味ある方は、今から口座開設して募集開始に備えてください。

ちなみに、COZUCHIの会員登録費用などは一切無料で、無料で持ちづづけることができます。むろん出資するときの手数料も無料です。

WEBサイトの「会員登録」ボタンをタップまたはクリックし、住所氏名メールアドレスなどを入力します。

その後本人確認書類をアップロードすればCOZUCHIにて申請内容の確認し、登録の住所へ、転送不要の簡易書留郵便にて本人確認ハガキが届きますので受取すればファンドへ投資することができます。

会員登録は以下の赤いボタンからできますよ。

COZUCHI【インカムゲイン重視型】相模原 リニア開発プロジェクトのファンドの公式情報はこちら

公式情報COZUCHI

【参考】最新のクラウドファンディング情報はこちらを

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。

最新クラウドファンディング情報

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-クラウドファンディング, 投資
-,