投資

楽天証券の投資信託積立が楽天カード決済可能になり積立額の1%の楽天スーパーポイントも貰えます【10月27日スタート】

投稿日:2018年8月29日 更新日:

楽天証券の投資信託積立に新しく楽天カード決済が可能になりました。

詳細を確認してみましょう。

楽天証券 楽天カードのクレジット払いによる投資信託積立購入サービスについて

  • サービス開始日:2018年10月27日から
  • 利用可能金額:100円以上1円単位
  • 月額上限:50,000円
  • 対象口座:特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座
  • 楽天スーパーポイントについて:毎月の購入額の1%(100円につき1ポイント)の楽天スーパーポイントが付与

楽天証券 投資信託積立購入サービスができるクレジットカード

以下のとおり、楽天カードとその派生クレジットカードのみです。

貯まる楽天スーパーポイントは期間限定ポイントではない模様

楽天カード決済による投資信託の積み立てで貰える楽天スーパーポイントは期間限定ポイントではなく、通常のポイントの模様です。

公式ページにおいて具体的には書いてませんが、プレスリリースでは楽天カード決済による投資信託積み立てによって貰える楽天スーパーポイントを翌月の積み立てに充当できることが書いてあります。

楽天証券において、楽天スーパーポイントを利用して投資信託が購入できる「ポイント投資」は、通常ポイントのみです。

期間限定ポイントや他ポイントから交換した「楽天スーパーポイント」はできませんので、九分九厘通常ポイントだと思われます。

(判明次第追記します。)

楽天カードのクレジット払いによる投資信託積立購入サービスは毎月1日に自動積み立てして27日にカード引き落としに

楽天カードのクレジット払いによる投資信託積み立て購入サービスの申込日などは以下のとおりです。

  • 積立申込締切日:前月12日まで
  • 自動積立日:当月1日(休業日の場合はその翌営業日)
  • カード引落日:当月27日(休業日の場合はその翌営業日)

楽天カードのメリット・デメリットは?

年会費無料かつ常時1%還元の楽天カードのメリット・デメリットはともにたくさんあります。

詳しいことは以下のページをご覧ください。

楽天カードのメリット・デメリットさらに楽天カードを発行した方が良い絶対にお得になるを解説しました

楽天カードのメリットデメリットさらにどいう方が楽天カードを入会して利用したほうが良いのかを徹底解説します。 ※楽天カードの公式情報はこちらです 公式情報楽天カー ...

楽天証券 楽天カードのクレジット払いによる投資信託積立購入サービスの注意点

楽天カードの利用限度額を超えてしまった場合

楽天カードの利用限度額を超えている場合は投資信託の積み立て注文が執行されない場合ありますのでご注意ください。

ジュニアNISA・未成年口座・法人口座での積立設定は対象外

楽天カードのクレジット払いによる投資信託積立購入サービスの対象口座は、特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座のみです。

残念ながら、ジュニアNISA・未成年口座・法人口座での積立設定は対象外です。

月額50,000円が上限

楽天カードのクレジット払いによる投資信託積立購入サービスは月額5万円が上限です。

よって、年間60万円まで投資信託を積み立て購入できます。

楽天スーパーポイントの上限は年間6,000円相当のポイント

積み立ては年間60万円が上限ですので、楽天スーパーポイントの上限は、60万円×1%の最大6,000円相当のポイントになります。

100円から積み立て可能

楽天証券の投資信託の積み立てはわずか100円からできます。

今回楽天カード決済による投資信託積み立ても、同じように100円から設定できます。

驚く
楽天証券の投資信託が今までの1,000円から大幅引き下げでなんと100円から購入可能に!!【2017年5月27日から】

楽天証券の投資信託がわずか100円から購入可能となります。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次楽天証券 投資信託の最低買付金額を100円に引き下げ ...

待望の楽天カード決済による投資信託積立で楽天スーパーポイントが1%貰えるぞ!

今までも楽天カードで投資信託の積立は可能だったのですが、与信枠を利用しないで、楽天カードの引き落とし銀行口座から積立代金を引き落としするサービスであり、スーパーポイント付与の対象外でした。

今回の変更でカード決済になることから、楽天カードで投資信託を積み立てると積立金額の1%の楽天スーパーポイントが貰えるようになります。

ただし与信枠を利用するため、楽天カードの利用限度額を超えている場合は積立注文が執行されない場合がありますので、十分ご注意ください。

楽天証券

楽天証券は、取扱商品が豊富でインターフェイスも使いやすく初心者でも、経験者でも利用しやすいネット証券会社であり、対面証券会社も含めて最上位のサービスを提供しているネット証券会社。メリットが多々あるうえに、取引などで楽天スーパーポイントがたくさん貯まることから管理人が愛用しているネット証券です。

期間限定ですが楽天証券の口座開設キャンペーンを利用すると多額の現金やポイントを貰うこともできます。楽天証券の口座開設費用や口座維持費用は当然無料で、楽天会員ならば楽天証券の口座開設するときに会員DATAを引き継ぎできるので大変簡単に申込できますよ。

また、投資信託の積立での裏ワザを利用すれば最高3%のポイントが毎月貰えます

もちろん、口座開設費用や口座維持費用は無料です。

他社の追随を許さないサービス!つみたてNISAは楽天証券と楽天カードのコンボで決まり!

今回のサービス開始は、はっきり言って丸井グループのtsumiki証券の対抗です。

tsumiki証券が狙うターゲット層とは若干異なることから、tsumiki証券の幹部の方はあまり気にしていないのかもしれませんが、驚異であることには変わりありませんね。

丸井のエポスカードでつみたてNISAが購入できるtsumiki証券の口座開設は9月からスタートで積立金額などに応じてエポスポイントも貰えます

以前お伝えしたマルイのエポスカードでつみたてNISA対象投資信託が購入できる「カードでつみたて」。 続報として、証券会社の名前などが決定しましたのでお伝えします ...

なお、つみたてNISAならばtsumiki証券よりも取り扱う投資信託の銘柄は楽天証券の方が圧倒的に多いので優位です。

SBI証券なども同じサービスをして欲しいところですが、楽天スーパーポイント自体、楽天グループ及び楽天市場に出店している店舗などがポイント分を負担しているサービスであり、他社のポイントサービスが100%自社の懐から拠出するのと大きく異なることから、ちょっと難しいかもしれません。

楽天グループとしては、クレカ決済1%負担分は投資信託の信託報酬で後々回収できるうえに、楽天スーパーポイントによる楽天経済圏の囲い込みも図れますので、問題なしと判断したのでしょう。

Eコマースなど証券以外にメインサービスを展開している企業グループだからできるサービスです。

積み立てNISAは、年間40万円投資することができますので、この楽天カード決済を利用すれば毎年最大4,000円分の楽天スーパーポイントがゲットできます。

積み立てNISAに限っては、楽天証券と楽天カードのコンボで決まりでしょう。

私も楽天証券でNISA枠を利用して投資信託を購入していることから、サービス開始したら、楽天カードからの引き落としに変更しようと思います。

なお、楽天証券で投資信託を100円だけ積立する場合、楽天カード決済(ポイント付与率1%)よりも、例の裏ワザの方(ポイント付与率1%~3%)がポイント付与率は高く有利ですのでご留意ください。

楽天証券100円投資信託積立を利用したウラ技(楽天銀行ハッピープログラムスーパーVIP達成と3%ポイントゲット)を紹介します

楽天証券100円投資信託積立が2017年5月27日からスタートしました。 サービス開始リリースを見てすぐに思いついたのですが、正直いって公開しようかどうか迷いま ...

楽天証券の新規口座開設者向けキャンペーンも熱い!

楽天証券口座を新しく開設した方向けのキャンペーンはかなり熱いキャンペーンです。

以下のページでまとめましたので、チェックしてみてください。

ちなみに、楽天証券の口座開設費用や口座維持費用は無料ですよ。

高額の現金やポイントがもらえる楽天証券の口座開設キャンペーンを徹底解説

楽天証券が新しく口座開設をした方向けのキャンペーンをまとめました。 投資をはじめてする方はどのキャンペーンがいいのか分からないかもしれませんので、個別に紹介しま ...

楽天証券 楽天カードのクレジット払いによる投資信託積立購入サービスの公式情報はこちら

投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート! | 楽天証券

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

口座開設で50倍の金利の定期預金を作る方法

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, , , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2018 All Rights Reserved.