投資

ユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付、愛称:グリーンゆうゆう債)は利率0.448%の債券です

投稿日:2019年5月11日 更新日:

ユナイテッド・アーバン投資法人が個人向けの社債を発行します。

既に申込は始まっていますね。

詳細を確認してみましょう。

ユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)の詳細

  • 名称:ユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)
  • 愛称:グリーンゆうゆう債
  • 発行総額:100億円
  • 正式利率:0.448%
  • 申込期間:2019年5月9日から2019年5月22日
  • 払込期日:2019年5月23日
  • 償還日:2026年5月22日
  • 利払日:毎年5月23日及び11月23日
  • 発行価格:額面100円につき100円
  • 申込単位:額面100万円単位
  • 格付:AA(JCR)を取得予定
  • 引受会社:SMBC日興証券株式会社

ユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)の引受金額について

以下のとおりです。

合計10,000百万円

引受人の氏名又は名称 引受金額
SMBC日興証券株式会社 10,000百万円

ユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)の購入方法

証券会社ごとに購入方法を紹介します。

SMBC日興証券での購入方法

総合コースであれば、支店及びパソコンでの取引が可能、ダイレクトコースでの取扱いもパソコンでの購入は可能です。

債券│商品案内│SMBC日興証券

SMBC日興証券

三井住友フィナンシャルグループの大手証券会社で、信頼性や総合力が高い証券会社です。名門の証券会社でありながら、ダイレクトコースならば手数料も大手ネット証券会社と遜色無いうえに、IPO(新規公開株式)もめっぽう強いなどメリットが豊富な証券会社です

国債キャッシュバックキャンペーンも率が高く、メガバンクの三井住友銀行との連携サービスバンク&トレードも利用できるオススメの証券会社です。

口座開設はSMBC日興証券口座開設アプリを利用すれば最短4日間で取引可能です。

もちろん、口座開設費用や口座維持費用は無料ですよ。

ユナイテッド・アーバン投資法人とは?

丸紅をスポンサーとする総合型J-REIT(多数の投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品)で、2010年12月1日に日本コマーシャル投資法人を吸収合併しました。

商業施設、オフィスさらにホテルなどを投資対象としています。

社債とは?

社債は、会社が資金調達のために、発行する債券です。ようするに会社が、機関投資家や個人投資家などからお金を借りるためのツールですね。当然、社債を発行した会社は、原則として利率に定めた利払いを、社債を購入した機関投資家や個人投資家に支払います(ゼロクーポン債除く)。さらに、発行した社債は、償還期日に額面をもって、債券の所有者に資金を償還します。

上場企業などが発行する社債は、申込単位1億円の機関投資家向けの社債が多いのですが、一部は、申込単位が10万円から100万円程度の個人向けの社債もあります。

今回のユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)は、100万円から購入可能の個人向け社債です。

社債のリスクについて

信用リスク

発行元が破綻した場合は、預けたお金が戻ってこない可能性があります。最悪全額償還されないケースもありえます。

流動性リスク

償還日前までに、自身の都合によりお金が必要となり、市場等で売却する場合、流動性が低いことから、適正な価格よりも若干安い金額で売却しなければならない可能性があります。ようするに火急のお金が必要なので足元を見られるということです。

価格変動リスク

償還日まで保持していれば関係ないのですが、償還日前までになんらかの事情で売却する必要が生じた場合、市場で売却することになりますので、額面の金額よりも高い金額で売却、もしくは低い金額で売却するといった価格変動するリスクがあります。

社債間限定順位特約とは?

今後起債する社債に担保をつけて発売すると、今回、無担保社債を購入した方(債権者)は不利益になりますので、他の社債に担保を設定しないと定めたものや、担保を設定した場合は、この社債間限定順位特約をつけた社債も同じ担保を設定することを約束したものが、社債間限定順位特約です。

ユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)購入の検討について

毎度のことながら、購入の是非について検討してみましょう。

まず、社債を購入を考える場合に、比較検討すべきは、1000万円まで元本とその利息が保証されている定期預金の利息に比べてどの程度高いのかということです。つまり、信用リスク分のプレミアム(金利に上乗せ)がついた金利が上乗せされているかどうかです。

定期預金との比較による信用リスクプレミアムの考察

今回紹介したユナイテッド・アーバン投資法人第19回無担保投資法人債(投資法人債間限定同順位特約付)の利率は0.448%です。期間は約7年債ですので、7年もの定期預金との金利比較をします。

まず、メガバンクや多くの地方銀行の7年もの定期預金の店頭表示金利は0.01%ですので、それに比べると約45倍の利率となります。

さらに、全国どこにお住まいでも口座開設可能、かつ取引可能なネットバンクや地方銀行のインターネット支店まで調査対象を広げても、この利率に勝てる定期預金はありません。

なお、日本国内10年もの定期預金の最高金利は、大阪協栄信用組合のスーパー定期1000の年0.525%です。よって、リスクプレミアムはそれなりについていると考えることができます。

(大阪協栄信用組合の定期預金は、直接店舗に出向かないと作成できません。)

【最大金利0.55%】大阪協栄信用組合はなぜ最強の定期預金を発売し続けるのか徹底解説

常に高利の定期預金を販売し続ける大阪協栄信用組合。 1000万円以上の大口定期預金ですが、1年もの金利 年0.50%と圧倒的な破壊力で常にランキング上位に位置し ...

ユナイテッド・アーバン投資法人のリートの配当金に比べると・・・

続いて投資案件としてみた場合に、考えるべきことは社債の発行元のことです。今回の投資法人債の発行元であるユナイテッド・アーバン投資法人ですが、丸紅系列のJ-REITとして母体はしっかりとしています。

また、投資対象も用途や地域の分散をしています。

ただし、ユナイテッド・アーバン投資法人のリートは市場で購入可能であり、4%近い配当金があります。

リートは市場が開いている間であれば随時売却が可能ですので、7年間拘束されるこの社債を購入してまで0.448%の利率をゲットするのは正直言ってどうなんでしょうか。

7年間も信用リスクを負うにしては利率がマッチしているとは正直といっていえない案件ですし、マイナス金利政策の終了を噂されていることから、金利上昇する可能性が十分あります。

つまり、社債投資環境から考えても、オススメはしません。

【参考】最新の社債情報はこちらを

当ブログで紹介している最新の社債情報はこちらです。

1円から上場企業に貸付投資できるfunds

わずか1円から投資可能なFunds(ファンズ)は、上場企業などに投資する社債のような新しいタイプの投資です。

運営するクラウドポートの審査を通過した企業のみで構成されており、ファンドの想定利回りは1.5%~6%とソーシャルレンディングよりも低い利率ですが、
市場の社債に比べて10倍以上の利回りは魅力的です。

口座開設費用や口座維持費用さらに振り込み手数料も無料です。


この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

【当ブログ限定】オトクなキャンペーン情報

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2019 All Rights Reserved.