銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

サービス

マネックス証券の口座開設・維持管理費用・株式売買手数料について

投稿日:2013年10月25日 更新日:

マネックス証券の株式売買手数料は、ネット証券ということで、対面販売の証券会社に比べて圧倒的に低廉です。

それぞれ解説します。

マネックス証券の口座開設費用について

マネックス証券の口座開設費用は無料です。

マネックス証券の口座維持費用も無料です

マネックス証券の口座維持費用も当然無料です。全く売買しなくても無料でマネックス証券の総合証券口座を持つことができます。

マネックス証券の口座開設は申込から最短3日で取引が可能

マネックス証券の口座開設の期間は、現時点では申込から最短3日で取引が可能となります。また、入力も1ページ分しか入力しませんので、他のネット証券の口座開設に比べて時間はかかりません。以下のページで詳しく解説しています。

資産形成や貯金
マネックス証券の口座開設の流れやかかる日数などの期間さらに必要書類や手続き方法を徹底開設しました

マネックス証券の口座開設方法を、詳しく説明します。 このエントリーの目次マネックス証券のメリットや特徴は?マネックス証券の口座を開設できる人は?マネックス証券の口座開設方法はペーパーレス口座開設と郵送 ...

続きを見る

取引毎手数料コース

1注文の約定金額 パソコン 携帯電話
10万円以下 100円 100円
10万円超20万円以下 180円 180円
20万円超30万円以下 250円 250円
30万円超40万円以下 350円 350円
40万円超50万円以下 450円 450円
50万円超100万円以下 (成行注文)1000円
(指値注文)1500円
約定金額の0.1%約定金額の0.1%
100万円超 (成行注文)約定金額の0.1%
(指値注文)約定金額の0.15%

一日定額手数料コース

基本は1日何回取引しても2,500円(約定金額300万円ごと)です。

ただし、約定金額300万円ごとの売買をボックスとして計算し、月のボックス取引回数が多いと手数料が割引になります。

  • 月間利用ボックス数21回目からは2,250円
  • 月間利用ボックス数121回目からは1,650円

マネックス証券の信用取引手数料について

2017年11月27日にマネックス証券は、信用手数料の引き下げを実施しています。

1注文の約定金額 取引手数料
10万円以下 95円
10万円超 20万円以下 140円
20万円超 30万円以下 190円
30万円超 40万円以下
40万円超 50万円以下
50万円超 100万円以下 355円
100万円超 150万円以下 600円
150万円超 200万円以下 800円
200万円超 一律1,000円

手数料改定にともなって書面の確認が必要です

トレードステーションの手数料は違いますのでご注意ください

ちなみに、マネックス証券が提供する業界最低水準の手数料を誇る高性能株式売買ツールのトレードステーションの手数料体系は、このページで紹介している手数料とは異なります。詳しい内容は以下のページをご覧ください。

マネックス証券トレードステーション手数料改定により少額取引でも主要ネット証券最安水準になります【5月22日から】

マネックス証券のTradeStaion(トレードステーション)の取引手数料が2017年5月22日から改定になります。 主要ネット証券でも最安水準になるという大幅改定です。詳細を確認してみましょう。 こ ...

続きを見る

新規公開株公募・売出株参加費用や購入手数料について

マネックス証券の新規公開株公募・売出株参加費用や購入手数料は無料です。

立会外分売の買付手数料について

立会外分売の買付手数料もマネックス証券は無料です。

単元未満株(ワン株)の取引手数料について

単元未満株(ワン株)の取引手数料は、約定代金の0.5%の手数料がかかります。ただし、最低手数料は48円です。

配当金受取方式の登録・変更手数料について

個別銘柄指定方式のみ手数料が発生します。

  • 株式数比例分配方式:無料
  • 登録配当金受領口座方式:無料
  • 個別銘柄指定方式:1銘柄につき1,000円(税抜)

米国株式取引の手数料について

1銘柄あたり、約定代金の0.45%かかります。

ただし、最低手数料は1銘柄あたり5米ドルで上限手数料は20ドルです。この手数料は、SBI証券と並んで国内最安水準です。

米国株式取引は主要証券会社の取引時間や手数料さらに取扱銘柄などスペックを徹底比較しました

米国株式取引は主要な証券会社ではできるのですが、証券会社によって大幅に手数料や取引条件が異なります。 そこで、主要証券会社のの取引時間や手数料さらに取扱銘柄などスペックを比較してみました。 このエント ...

続きを見る

約定代金ごとの米国株式取引手数料について

1銘柄当たりの約定代金 株式売買手数料
100ドル 5ドル
500ドル 5ドル
1,000ドル 5ドル
2,000ドル 9ドル
5,000ドル 20ドル
10,000ドル 20ドル

売却時のみ現地取引費用(SEC Fee)が発生

さらに、売却時のみ現地取引費用(SEC Fee)が発生します。(約定代金1米ドルにつき0.0000218米ドル、小数点第3位切り上げ、最低0.01米ドル)

為替手数料もかかります

また、米国株式を購入するときは予め円貨から米ドルに外貨両替しなければなりません。その為替手数料は、1ドルあたり、スプレッドは25銭かかります。

マネックス証券のメリットは?

業界最安水準の手数料を誇るマネックス証券は、日本株以外も高配当かつ株価が上昇しつづけている米国株式に大変強い証券会社ですよ。

マネックス証券のメリット

マネックス証券のメリットは以下のとおりです。 業界最安水準の手数料を誇りコストを抑えて投資ができるネット証券 口座開設費用や口座維持費用が無料 大口投資すればするほどお得な低廉な株式売買手数料 IPO ...

続きを見る

マネックス証券

低廉な株式売買手数料が魅力のマネックス証券。マネックスポイントが貯まるのも良いですね。また高利の社債のマネックス債もマネックス証券でしか購入できません。

個人向け国債を購入するだけで現金が貰えるのも魅力ですし、個人型確定拠出年金(iDeCo)のコストも低くや取扱商品さらにサービスも大変手厚いです。

もちろん口座開設費用や口座維持費用も無料で、口座開設申込してから最短3日で取引可能と迅速な対応も売りのネット証券。

日本株以外も高配当かつ株価が40年近くも上昇しつづけている米国株式の取引に最も適した大変強い証券会社です。

マネックス証券の口座開設キャンペーンも実施中です

期間限定ですがマネックス証券の口座開設キャンペーンも実施中です。マネックス証券の口座開設費用や維持費用は当然無料ですし、書類返送不要なペーパーレス口座開設ならば最短3営業日で取引可能となります。

マネックス証券新規口座開設キャンペーン(現物株式買付手数料実質0円+最大5万円キャッシュバック)を解説します【2018年1月31日まで】

マネックス証券の新規口座開設した方向けのキャンペーンがスタートしました。 詳細を確認してみましょう。 マネックス証券の公式ページによる詳しい解説やマネックス証券口座開設はこちらから 公式情報マネックス ...

続きを見る

他にもお得なキャンペーンはいっぱいありますよ

当ブログはキャンペーン屋のブログですから、お得な情報はたくさん紹介しています(`・ω・´)キリッ

今回紹介したキャンペーン以外のおトクな情報は、以下のページもチェック!!


当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大13,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを
  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-サービス
-,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.