投資

投資

マネックス証券トレードステーション手数料改定により少額取引でも主要ネット証券最安水準になります【5月22日から】

マネックス証券のTradeStaion(トレードステーション)の取引手数料が2017年5月22日から改定になります。

主要ネット証券でも最安水準になるという大幅改定です。詳細を確認してみましょう。

マネックス証券TradeStaion(トレードステーション)取引手数料全面改定について

プランが3つ誕生

今までマネックス証券のTradeStaion(トレードステーション)は一日定額手数料制度でしたが、今回の改定で3つの手数料プランが誕生します。

当初はノーマルプランが設定されていますが、ミニプランへの変更はウェブサイト上でできます。ラージプランは信用取り引き口座開設済みの方のみ利用でき、コールセンターへ申し込む必要があります。

プランごとの手数料は以下のとおりです。

プラン名 1日の約定金額(現物取引と信用取引の合算) 取引手数料(税抜)
ミニプラン 10万円ごと 50円
ノーマルプラン 100万円ごと 400円
ラージプラン 1,000万円ごと 3,250円

さらに信用取引で条件を満たせば一定期間取引の取引手数料が無料になります

さらに、信用取り引きでは、以下の条件を満たせば一定期間の取引手数料が無料になります。

信用取り引き無料条件について

各週の1営業日あたり平均で以下の条件のいずれかを満たすと無料になります

  • 信用取引新規建て約定金額が5,000万円以上
  • 未決済の信用建玉が5,000万円以上

無料となる期間は?

翌週第2営業日から翌々周第一営業日までの信用取引と現物の株式取引手数料が無料になります。

マネックス証券TradeStaion(トレードステーション)とは?

マネックス証券が昨年リリースした高機能トレーディングツールです。

元々あったツールなのですが、国内証券会社では利用することができませんでしたが、マネックス証券が日本株版としてリリースしました。

動作環境や取引手数料などの詳しい内容以下のページをご覧ください

世界分散投資
マネックス証券トレードステーションの推奨環境・取引銘柄や費用さらにメリットデメリットなどを徹底解説

マネックス証券のトレードステーションのサービス開始となりましたので徹底解説します。 このエントリーの目次マネックス証券 トレードステーションとは?トレードステー ...

さらにTradeStaion(トレードステーション)デビュー応援プログラムも新しく追加に

トレードステーション利用口座の口座開設日から翌々月末まで、取引手数料が無料になります。

ただし、期間中に5,000 万円に達した場合は、翌週第2営業日より通常取引手数料になりますのでご注意ください。

なお、トレードステーション利用口座を解約し再度口座開設した場合などはこのデビュー応援プログラムの対象外です。

1日定額コースではマネックス証券TradeStaion(トレードステーション)が最安水準に

今回の取引手数料の改定でマネックス証券のトレードステーションは最安値水準になります。

デイトレーダーはもちろんのこと、10万円までの約定代金は54円(税込)という格安の手数料。採算ラインは大丈夫なのか心配になりますね。

主要ネット証券の1日定額コースの比較(税込)

1日の約定金額 10万円 100万円 1,000万円
マネックス証券
TradeStaion(トレードステーション)
54円 432円 3,510円
SBI証券(信用取引) 103円 762円 4,710円
GMOクリック証券 230円 860円 3,690円
楽天証券 463円 926円 10,800円
auカブコム証券 1日定額コース無し
松井証券 0円 1,080円 10,800円

マネックス証券のメリットは?

業界最安水準の手数料を誇るマネックス証券は、日本株以外も高配当かつ株価が上昇しつづけている米国株式に大変強い証券会社ですよ。

マネックス証券のメリット

マネックス証券のメリットは以下のとおりです。 業界最安水準の手数料を誇りコストを抑えて投資ができるネット証券 口座開設費用や口座維持費用が無料 大口投資すればす ...

マネックス証券

低廉な株式売買手数料が魅力のマネックス証券。マネックスポイントが貯まるのも良いですね。また高利の社債のマネックス債もマネックス証券でしか購入できません。

個人向け国債を購入するだけで現金が貰えるのも魅力ですし、個人型確定拠出年金(iDeCo)のコストも低くや取扱商品さらにサービスも大変手厚いです。

もちろん口座開設費用や口座維持費用も無料で、口座開設申込してから最短3日で取引可能と迅速な対応も売りのネット証券。

日本株以外も高配当かつ株価が40年近くも上昇しつづけている米国株式の取引に最も適した大変強い証券会社です。

他にもお得なキャンペーンはいっぱいありますよ

当ブログはキャンペーン屋のブログですから、お得な情報はたくさん紹介しています(`・ω・´)キリッ

今回紹介したキャンペーン以外のおトクな情報は、以下のページもチェック!!

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, ,

© 2021 1億円を貯めてみよう!chapter2