大和証券 iDeCo

定期預金

比較的金利の高かったPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の普通預金も金利が変更になります【3月8日より】

2016年3月7日

悲しい

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の普通預金の金利が平成28年3月8日から減率改定となります。既に口座所有者にはPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)よりメールが届いていると思いますが、詳細を確認してみましょう。

このエントリーの目次

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の普通預金の改定

普通預金金利変更日:3月8日

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)普通預金金利改定の詳細

預入金額 変更前金利 変更後適用金利
100万円未満 年0.03% 年0.010% ▲0.020%
100万円以上
1,000万円未満
年0.04% 年0.015% ▲0.025%
1,000万円以上 年0.05% 年0.015% ▲0.035%

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)公式リリースはこちら

3月8日より円普通預金金利を改定いたします|PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行) 定期預金の金利は変更なし

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の定期預金の金利は変更なしです。といっても2月2日に改定した金利は預入れる価値の無い金利ですが。

下がる矢印
PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行) 円定期預金の金利をマイナス金利導入に伴い2月2日に大幅改定

日本銀行の金融政策の変更によりマイナス金利が導入されました。これをうけてPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の定期預金金利が変更となりました。 詳細を確認し ...

事業用資金で預けている方が多いので痛いかもしれません

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)は決済機能に優れたネットバンクであることから、事業用口座として利用されている法人や個人事業主などが多いと思います。

金利引き下げによりかなり下がりますが、それでもメガバンクの10倍以上の普通預金の金利が付きますので、相対的には高い水準ですので、ご安心ください。

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】

全国どこに住んでいても口座開設可能かつインターネットを利用して取引可能なネットバンクや地方銀行や信用金庫などのインターネット支店の普通預金の金利ランキングを公表 ...

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の申込や公式情報のチェックはこちらから

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)はインターネットバンクですので、オンラインで申込可能です。

申込から最短5日でキャッシュカードが届きますよ。

このほかのネットバンクやインターネット支店の金利は以下のページでチェック

大手ネットバンクやインターネット支店の定期預金の金利は以下のページでチェックできます。比較検討する際にご利用くださいませ。

定期預金の金利比較(ネットバンク&メガバンク・銀行・信用金庫などのインターネット支店)【2021年最新版】

全国どこにすんでいても口座開設可能かつ取引可能なネットバンクやメガバンク、銀行、信用金庫などのインターネット支店の定期預金金利の比較表です。 これから新たに口座 ...

【参考】預けた定期預金の満期資金を無料で他の金融機関に移動させる方法

預けた定期預金満期金や普通預金の資金を無料で他の金融機関に振り込む方法は以下のページで解説しましたのでぜひご覧ください。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)は、SBI証券マネックス証券楽天証券などの主要ネット証券会社のほか、GMOクリック証券FXプライムbyGMOSBI FXトレードDMMFXLION FXなどにおいてクイック入金可能ですので、振込手数料を支払うことなく他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集しています。 しかし、預け入れるときの資金や満期資金をメインバンクへ移動 ...

【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら

定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか?

他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全26サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で26サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバン ...

【参考】マイナス金利導入で定期預金などの金利を下げた金融機関はこちらです

マイナス金利の導入により定期預金や普通預金の金利の引き下げを断行した金融機関は以下のページでまとめましたのでご覧ください。

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-定期預金
-,