投資グラフ

投資

IPO(新規公開株式)主幹事数実績を見るとSMBC日興証券はオススメです

2016年9月10日

IPO(新規公開株式)を事前に公募価格で取得して初値で売り抜ければ、一般的に結構な利益を得ることができますが、ネックは新規公開株式がなかなか購入できないという点です。

取り引きしている証券会社が幹事会社にならなければ新規公開株式を取得することは不可能ですので、幹事会社の実績を調べてみました。

結構面白い結果になります。

主要証券会社のIPO幹事と主幹事実績について(2016年から2018年)

証券会社名 2016年 2017年 2018年
幹事数 うち主幹事数 幹事数 うち主幹事数 幹事数 うち主幹事数
SBI証券 77 13 87 8 91 12
SMBC日興証券 73 16 76 13 73 25
みずほ証券 62 20 64 16 78 23
マネックス証券 46 0 49 0 53 0
大和証券 38 16 44 16 33 12
野村證券 38 23 40 28 44 26
岡三証券 31 0 37 5 50 1
いちよし証券 32 1 37 4 29 1
三菱UFJモルガンスタンレー証券 24 2 31 4 27 6
カブドットコム証券 19 0 27 0 25 0
東海東京証券 16 5 12 3 21 2
松井証券 11 0 14 0 9 0
HS証券 8 0 10 0 11 0

主要証券会社のIPO幹事と主幹事実績について(2013年から2015年)

証券会社名 2013年 2014年 2015年
幹事数 うち主幹事数 幹事数 うち主幹事数 幹事数 うち主幹事数
SBI証券 44 6 65 5 82 9
SMBC日興証券 43 9 60 9 80 27
みずほ証券 42 8 63 8 70 16
マネックス証券 34 0 39 0 52 0
大和証券 23 6 52 24 43 16
野村證券 40 31 54 28 49 29
岡三証券 34 0 30 0 42 6
いちよし証券 32 2 37 1 36 2
三菱UFJモルガンスタンレー証券 23 4 28 5 27 7
カブドットコム証券 11 0 12 0 16 0
東海東京証券 14 0 23 3 28 5
松井証券 1 0 4 0 16 0
HS証券 9 0 8 1 14 2

SMBC日興証券は、IPOに強い

IPO株を取引したい人には、まずSMBC日興証券を抑えておくべき証券が社です。

理由としては、SMBC日興証券は、個人向け社債やIPO株の主幹事証券を担うことが多いからです。

高金利で投資家の人気が高いため、個人向け社債やIPO株に注目し、取扱を始める証券会社は増える傾向にありますが、主幹事証券を担うのは、やはりSMBC日興証券のような大手証券会社となります。

主幹事会社なら割り当て数が多くなる

主幹事証券になると、他の証券会社より株式を販売できる割り当てが多くなります。

IPO株でいえば、実にその80%を主幹事証券が握ります。また、募集開始日が早く、締切日が長く設定されているようなこともあります。

当然、販売する上限が多ければ、買える投資家は増えます。さらに、SMBC日興証券のIPO株取引では、100%完全平等の抽選を行っているため、資金量などに自信のない初心者でもチャンスがあります。

この点が、ほぼ同程度、主幹事証券を担っているSBI証券との違いであり、少額投資家であれば、SMBC日興証券がオススメです。

これ以外に抑えるのは野村證券やSBI証券など9社

IPOに強い証券会社は野村證券、みずほ証券、SMBC日興証券SBI証券の4社がメインであり、それ以外は割り当て数が少ないことが多いので、IPOについては、メリットはあまりありません。

ただし、三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事であれば、同じグループ会社であるカブドットコム証券にもそれなりに割り当てがあります。

また、岡三証券が主幹事会社であれば、岡三オンライン証券にも割り当てがありますので、IPO初心者は、野村證券、みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券プラスこの4社を加えてた8社を口座開設するのをオススメします。

女性
岡三オンライン証券のIPOの当選確率を上げるウラ技を徹底解説

岡三オンライン証券は岡三証券系列ネット専業証券会社ですので、岡三証券が幹事になったIPO(新規公開株式)を抽選で岡三オンライン証券の口座開設している申込者に配分 ...

さらに余裕があれば、まだ口座開設者数が少ないDMM 株もオススメです。

投資
DMM.com証券(DMM株)IPO(新規公開株)の取り扱いを開始!完全公平の抽せんと申込時の購入金額が不要がウリのサービスです

2019年2月よりDMM.com証券(DMM株)が新しくIPO(新規公開株)の取り扱いを開始します。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次DMM.c ...

いずれも口座開設費用や口座維持費用は無料です。

SBI証券

国内最大規模のネット証券会社であり、手数料は最安値水準かつ圧倒的な取扱商品を取りそろえ、さらに使い勝手の良いうえに独自のサービスを常に提供するSBI証券。口座開設数が400万口座を突破したうえに、国内株式の個人の売買代金の4割はSBI証券からの発注と圧倒的な強さを誇ります。

SBI証券はオンライン口座開設ならば最短翌営業日から取引ができるスピーディーなネット証券です。

今なら期間限定で新規口座開設キャンペーンも実施中です。もちろん、口座開設費用や口座維持費用は無料ですよ。

SMBC日興証券

三井住友フィナンシャルグループの大手証券会社で、信頼性や総合力が高い証券会社です。名門の証券会社でありながら、ダイレクトコースならば手数料も大手ネット証券会社と遜色無いうえに、IPO(新規公開株式)もめっぽう強いなどメリットが豊富な証券会社です

国債キャッシュバックキャンペーンも率が高く、メガバンクの三井住友銀行との連携サービスバンク&トレードも利用できるオススメの証券会社です。

口座開設はSMBC日興証券口座開設アプリを利用すれば最短4日間で取引可能です。

もちろん、口座開設費用や口座維持費用は無料ですよ。

岡三オンライン証券

「情報の岡三」の岡三証券グループのネット証券会社である岡三オンライン証券は、現物株式や信用取引の手数料がなんと0円からという驚きの手数料が魅力です。

また、経験者向けや初心者向けの取引ツールが豊富なうえに、IPO(新規公開株式)の事前入金も不要でIPO当選確率アップの裏技も利用できます。

さらに、投資信託は購入時手数料をキャッシュバックするZEROファンドプログラムによりどの投資信託でも実質ノーロード!!

もちろん口座開設費用や口座維持費用は無料ですし、なんと申込から最短即日で口座開設完了する迅速な対応もウリのネット専業証券です

期間限定で新規口座開設などで3,500円が貰えるタイアップキャンペーンも実施中。

現在実施中のSMBC日興証券のキャンペーンはこちら

SMBC日興証券が現在実施しているキャンペーンは以下のページでまとめています。ぜひチェックしてみてください。

うれしい
SMBC日興証券キャンペーンまとめ

現在実施しているSMBC日興証券のキャンペーンのまとめページです ※SMBC日興証券の公式情報のご確認はこちらを 公式キャンペーン情報SMBC日興証券 このエン ...

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

金利1%の定期預金の作成するには?

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-, , , , , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2019 All Rights Reserved.