大和証券 iDeCo

投資

ソフトバンクグループ株式会社無担保社債の発行履歴まとめ(社債間限定同順位特約付、劣後特約付、公募劣後特約付社債など)

2021年8月15日

ソフトバンクグループ株式会社無担保社債の発行履歴まとめ紹介します。

今まで無担保社債(社債間限定同順位特約付)、無担保社債(劣後特約付)、公募ハイブリッド社債(公募劣後特約付社債)の3種類の社債を発行していています。

なお、社債の金額が100万円のものを個人向け社債、1億円のものを機関投資家向け社債としました。

このエントリーの目次

最新のソフトバンクの社債情報(ソフトバンク株式会社第3回無担保社債(劣後特約付))はこちらです

【利率2.4%】ソフトバンクグループ株式会社第3回無担保社債(劣後特約付)が9月13日から募集開始【7年債,9月29日まで】

ソフトバンクグループ株式会社無担保社債が起債されます。 前回の第2回は2015年2月に起債(当時はソフトバンク株式会社無担保社債)しましたので、劣後特約付の無担 ...

10月以降に個人向劣後債の起債を計画

ブルームバーグ報道によるとソフトバンクグループは2021年10月以降に個人向け劣後債の起債を計画しているとのことです。

 ソフトバンクグループは、10月以降をめどに個人投資家(リテール)向けの起債を計画している。7660億円の国内劣後社債の償還に充当する方針だ。後藤芳光最高財務責任者(CFO)が投資家向け説明会で明らかにした。

ソフトバンクGは11日に同説明会を開催し、動画は13日夕に同社ウェブサイトで公開された。この中で後藤CFOは、劣後債を購入している個人向けに「劣後債同等の商品の起債の計画」があると表明。時期は「今年度後半」だという。

 後藤CFOは具体的な発行金額とタイミングについては未定としながらも、「相応の需要があることは今から確認できている」とし、「劣後債起債へのエネルギー」があるとも述べた。

 ソフトバンクGは6月にも、4050億円の個人投資家向け劣後債を発行しており、後藤CFOは「過剰需要」があったと指摘している。11日開催の説明会資料によると、2021年度は国内劣後債と国内ハイブリッド社債で合計1兆2216億円の償還が予定され、このうち5820億円は調達済みだという。

ソフトバンクG、10月以降に個人向け劣後債の起債を計画ー後藤CFO - Bloomberg

ソフトバンクグループ株式会社無担保社債(社債間限定同順位特約付)の発行履歴

福岡ソフトバンクホークスボンドという愛称がついているのが無担保社債(社債間限定同順位特約付)です。過去51回発行してきました。

第47回まではソフトバンク株式会社無担保社債(社債間限定同順位特約付)で、それ以降は社名が変更になったことから、ソフトバンクグループ株式会社無担保社債(社債間限定同順位特約付)です。第22回以前は調査中ですので、判明次第追記します。

社債名 払込期日 利率 期間 発行総額 備考欄
第23回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H17.11.29 1.36% 3年 200億円 個人向け社債
第24回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H19.4.26 2.72% 3年 200億円 個人向け社債
第25回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H19.6.19 3.39% 4年 550億円 機関投資家向け社債
第26回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H19.6.19 4.36% 7年 150億円 機関投資家向け社債
第27回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H21.5.27 5.10% 2年 600億円 個人向け社債
第28回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H21.7.24 4.72% 3年 300億円 個人向け社債
第29回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H21.9.18 4.52% 3年 650億円 個人向け社債
第30回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H22.3.11 3.35% 5年 300億円 機関投資家向け社債
第31回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H22.6.2 1.17% 3年 250億円 機関投資家向け社債
第32回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H22.6.2 1.67% 5年 250億円 機関投資家向け社債
第33回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H22.9.17 1.24% 3年 1,300億円 個人向け社債
第34回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H23.1.25 1.10% 5年 450億円 機関投資家向け社債
第35回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H23.1.25 1.66% 7年 100億円 機関投資家向け社債
第36回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H23.6.17 1.00% 5年 1,000億円 個人向け社債
第37回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H23.6.10 0.65% 3年 300億円 機関投資家向け社債
第38回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H24.1.27 0.42% 2年 500億円 機関投資家向け社債
第39回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H24.9.24 0.74% 5年 1,000億円 個人向け社債
第40回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H24.9.14 0.73% 5年 100億円 機関投資家向け社債
第41回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H25.3.12 1.47% 4年 3,000億円 個人向け社債
第42回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H25.3.1 1.47% 4年 700億円 機関投資家向け社債
第43回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H25.6.20 1.74% 5年 4,000億円 個人向け社債
第44回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H25.11.29 1.69% 7年 500億円 機関投資家向け社債
第45回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H26.9.12 1.26% 5年 4,000億円 個人向け社債
第46回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H26.5.30 1.45% 5年 3,000億円 個人向け社債
第47回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H27.6.18 1.36% 5年 1,000億円 個人向け社債
第48回無担保社債(社債間限定同順位特約付) H27.12.10 2.13% 7年 3,700億円 個人向け社債
第49回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2016.4.20 1.94% 7年 200億円 機関投資家向け社債
第50回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2016.4.20 2.48% 10年 300億円 機関投資家向け社債
第51回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2017.3.16 2.03% 7年 4,000億円 個人向け社債
第52回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2017.3.8 2.03% 7年 500億円 機関投資家向け社債
第53回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2018.6.20 1.57% 6年 4,100億円 個人向け社債
第54回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2018.6.12 1.569% 6年 400億円 機関投資家向け社債
第55回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2019.4.25 1.64% 6年 5,000億円 個人向け社債
第56回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2019.9.20 1.38% 7年 4,000億円 個人向け社債
第57回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 2019.9.12 1.38% 7年 1,000億円 機関投資家向け社債

ソフトバンクグループ株式会社無担保社債(劣後特約付)の発行履歴

社債名 払込期日 利率 期間 発行総額 備考欄
第1回無担保社債(劣後特約付) 2014.12.19 2.50% 7年 4,000億円 個人向け社債
第2回無担保社債(劣後特約付) 2015.2.9 2.50% 7年 4,500億円 個人向け社債
第3回無担保社債(劣後特約付) 2021.9.30 2.40% 7年 4,500億円 個人向け社債
第4回無担保社債(劣後特約付) 2021.9.16 2.40% 7年 500億円 機関投資家向け社債

ソフトバンクグループ株式会社公募ハイブリッド社債(公募劣後特約付社債)の発行履歴

社債名 払込期日 利率 期間 発行総額 備考欄
第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付) 2016.9.16 3.00% 25年 556億円 機関投資家向け社債
第2回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付) 2016.9.16 3.50% 27年 154億円 機関投資家向け社債
第3回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付) 2016.9.30 3.00% 25年 4,000億円 個人向け社債
第4回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付) 2021.2.4 3.00% 35年 1,770億円 機関投資家向け社債
第5回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付) 2021.6.21 2.75% 35年 4,050億円 個人向け社債

他の高利な社債の発行履歴は以下のページをチェック!

SBI債の発行履歴

SBI債(SBIホールディングス株式会社債)とSBIホールディングス株式会社無担保社債(社債間限定同順位特約付) の起債状況のまとめ【次回の第43回SBI債はいつでるの?】

個人投資家の間でSBI債(SBIホールディングス株式会社債)とSBIホールディングス株式会社無担保社債(社債間限定同順位特約付) の過去の起債状況をまとめてみま ...

マネックス債の発行履歴

マネックス
個人向けマネックス債の過去の発行履歴まとめ

高利の社債として人気が高いSBI債とマネックス債ですが、マネックス債の発行履歴をまとめました。 このエントリーの目次マネックス証券個人向けマネックス債の発行履歴 ...

【参考】最新の社債情報はこちらを

当ブログで紹介している最新の社債情報はこちらです。

社債のように満期時に分配金がもらえる投資型クラウドファンディングの新規口座開設で現金やAmazonギフト券が貰えます

社債のように運用期間終了後に分配金などが手に入る投資型クラウドファンディング。

サービス開始間もないことから、各社新規会員獲得キャンペーンを実施中です。

無料の会員登録や口座開設などで現金やAmazonギフト券などが貰えます。

クラウドファンディングサービス新規会員登録キャンペーンまとめ

現在実施中のクラウドファンディングサービス新規会員登録キャンペーンをまとめて紹介します。 管理人オススメは、わずか1取引で現金が貰えるオススメのキャンペーン(L ...

好立地で収益性の高い不動産ファンドで高いインカムゲインとキャピタルゲインが狙えるWARASHIBE

現金や有価証券などと違い想定外の事故や天変地異でも起こらない限り消滅する恐れがないのが現有物である不動産の強みです。

その不動産投資をわずか1万円から手軽にできる不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供するWARASHIBE。

再開発物件や売却が決定している物件などを精力的にファンドとして組成した実績があり、手堅さあるファンドを提供。おススメは予想配当率を大幅にアップしているキャピタルゲイン重視型のファンドです。

1円から上場企業に貸付投資できるfunds

わずか1円から投資可能なFunds(ファンズ)は、上場企業などに投資する社債のような新しいタイプの投資です。

運営するクラウドポートの審査を通過した企業のみで構成されており、ファンドの想定利回りは1.5%~6%とソーシャルレンディングよりも低い利率ですが、
市場の社債に比べて10倍以上の利回りは魅力的です。

口座開設費用や口座維持費用さらに振り込み手数料も無料です。

不動産投資型クラウドファンディング

不動産に特化したクラウドファンディングは融資型クラウドファンディングよりも利回りが高く、実物不動産が実質的な担保となっていることから安心感があります。

しかし、人気は高いため、すぐ募集開始していからわずかの時間で募集金額に達するケースが多々あるのがネック。

実際に投資する場合は複数のクラウドファンディングサービスを登録することをおススメします。

おススメのWARASHIBE以外にも、上場企業の関連会社が運営しているクラウドファンディングが運営面で安心感があります。

上場企業やその関連会社運営する不動産投資型クラウドファンディング

そのほかの不動産投資型クラウドファンディング

このほかにも以下の不動産投資型クラウドファンディングサービスがあります。

融資型クラウドファンディング

SAMURAI FUND

SAMURAI証券が運営するSAMURAI FUNDは、最低投資額1万円と少額から投資でき、目標利回りを上回るリターンの投資案件も過去にありました。

LENDEX

LENDEXのソーシャルレンディングは、東急リバブル審査済みで、東急リバブル審査済みの不動産担保付きの案件が多いのが特徴です。

融資型クラウドファンディングですが、実物の不動産を担保にしていることから不動産投資型クラウドファンディングに近いサービスで利回りも高い。

ただし、人気が高いため案件は募集開始してすぐに応募殺到のため終了するのがネックです。

バンカーズ

創業40年以上の老舗企業向け金融会社が新しく立ち上げたクラウドファンディングサービスです。

経営陣は金融系のスペシャリストがそろっているのが特徴で、割引手形を利用したファンドは、運用利回りが上振れする可能性があるのも特徴です。

CAMPFIRE Owners

大手クラウドファンディング業者である株式会社CAMPFIREの100%子会社が運営するソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)サービスです。

ほとんどのファンドが1万円から投資可能で、予定利回り3.0%〜7.0%(年率・税引前)のファンドを提供しています。

クラウドバンク

クラウドバンクは、日本クラウド証券が取り扱う融資型クラウドファンディングです。

実績平均利回り 7.09% 、回収率は100%という実績を誇っています。

Pocket Funding

Pocket Fundingは、沖縄軍用地担保ファンドなど沖縄に特化したクラウドファンディング。

沖縄県内で25年の実績を誇り、貸し倒れ及び遅延は現時点ゼロという成績です。

J.LENDING

上場企業JALCOホールディングスの100%子会社のジャルコが運営するJ.LENDINGは、ジャルコの自己資本による貸金事業において取引実績のある事業者の中でも、信用力の高い事業者のファンドを取扱います。

最低投資金額が50万円と敷居いのですが、十分な担保・保証があること、デフォルトリスクが低いことを重視したファンドを提供しています。

クラウドクレジット

海外クラウドファンディングの取扱いに特化したクラウドファンディングサービス

優待もあり上場すれば高いリターンが期待できる株式投資型クラウドファンディング

Unicorn(ユニコーン)

非上場株式に投資し、上場した場合高いリターンが期待できる株式投資型クラウドファンディングですが、上場するまではリターンも得られず、売買もできないなど制約も多いのが特徴です。

Unicornは、株式を保有している間は株主優待を受け取ることができる案件限定という他の株式投資型クラウドファンディングとは違った特徴があります。

公式情報ユニコーン

イークラウド

大和証券グループと連携して事業運営しているイークラウドは、株式投資型クラウドファンディングにより非上場株式を取得できます。
最短即日から投資可能で、投資家登録は、スマートフォンでオンライン完結します。

公式情報イークラウド

FUNDINNO

日本初の株式投資型クラウドファンディングFUNDINNO。10万円程度からベンチャー投資でき、国内シェアナンバーワンの実績があります。

公式情報FUNDINNO

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。

 

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

Amazonギフト券が貰える

無料口座開設で現金貰える!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-投資
-,