クラウドファンディング 投資

イークラウド(株式投資型クラウドファンディングサービス)を取材してきました

先日株式投資型クラウドファンディングサービスのイークラウドに取材をしてきました。

といってもコロナ禍なので、直接お会いすることが難しいので、事前にメールをお送りして実際に回答していただいたのものをそのままお伝えします。

イークラウドとは?

イークラウド株式会社が運営するイークラウドは、株式投資型クラウドファンディングを提供しています。

イークラウド株式会社は、2018年7月の創業。同年11月には大和証券グループ本社の100%子会社であるFintertechから4億円の資金調達を実施しています。

イークラウド(株式投資型クラウドファンディングサービス)のメリットやデメリット

株式投資型クラウドファンディングのサービスを提供しているイークラウド。 そのイークラウドのメリットやデメリットを解説します。 このエントリーの目次株式投資型クラ ...

ちなみに、当ブログは、直接イークラウド株式会社に取材しています。


公式情報イークラウド

今後のイークラウドの案件公開予定は?

すぱいく
今後一年間で案件の公開はどの程度の数を予定しているのでしょうか?また目標数値などもありましたらお教えください。
プラットフォームとしては、資金調達額に対する手数料をいただくことがビジネスモデルなので、「数」を重視することが短期的な売上につながるかもしれませんが、我々は少数精鋭の体制で「質」を重視し、投資家の皆さまと共に投資の成功体験を積みたいと思っています。
波多江代表取締役

イークラウドとXTech(クロステック)や大和証券グループの関係は?

すぱいく
イークラウドは、XTech(クロステック)の出資を受けていますが、出資関係以外に XTech(クロステック)やXTech Venturesを介した案件の紹介など、何らかの業務提携は行われているのでしょうか?
投資先の「発掘」「評価」「支援」という3点において相乗効果を見込んでいます。

まず発掘について。XTechグループの会社と接触したベンチャー企業に資金ニーズが確認できた際に、イークラウドを紹介してもらうことがあります。ベンチャー企業にサービスを提供している会社も多く、独自の営業網となっています。

次に2点目の評価について。グループでも事業を行っていることから、キャピタリストはさまざまな事業の実験結果にアクセスすることができます。事業に関する成功、失敗を直接的に学ぶことで、起業家の事業計画に対しても高い解像度で事業のポイントを可能性とリスクで評価することができます。事業理解の解像度が上がることで、経営者に信頼され、プラットフォームとして選んでいただけるようになります。

最後に3点目の支援ですが、ベンチャー企業が成長していく上では多くの支援が必要です。XTechグループには経営、企画、財務、開発、広告、管理などさまざまなプロが在籍しており、ノウハウをベンチャー企業に還元しています。

波多江代表取締役
すぱいく
イークラウドは大和証券グループから出資を受けていますが、業務面での大和証券グループからのサポートを具体的に教えてください。
中長期で世の中に大きな価値を提供し続ける金融機関になるために、イークラウドでは特に守備の面で大和証券グループと資本業務提携を行っています。

現在大和証券と行っている取り組みの一つとしては、投資家・株主属性のチェックがあります。通常のデータベースでのチェックに加え、大和証券のデータベースを活用することで、より精度の高いチェックを実施しています。

我々が創業する少し前に、仮想通貨で大きな社会現象と事件がありました。今後、株式投資型クラウドファンディングを健全な形で世の中に普及させていくために、大和証券グループが金融機関として培ってきたノウsハウの上にサービスを構築するべきだと考え、資本業務提携をするに至りました。

株式投資型クラウドファンディングは、投資のリターンが出るまでに時間がかかりますので、サービスを磨き、個人投資家に一番信頼されるプラットフォームとなりたいと考えています。

波多江代表取締役

株式投資型クラウドファンディングはハイリスクハイリターン?

すぱいく
株式投資型クラウドファンディングはリターンが大きい反面、上場やM&Aなどのケースが少ないことから、ハイリスクハイリターンであるとの認識が広まっており新規の投資家は躊躇するのが現状です。この不安に対するイークラウドの見解をお教えください。

また、この不安点を和らげるイークラウド独自の施策などもありましたらお教えください。

中長期ではセカンダリーマーケットを創設することで非上場株式を流動化することが必要かもしれませんが、まずは、IPOやM&Aの成功事例を創出することが業界として必要であると考えています。
波多江代表取締役

イークラウドの強みは?

すぱいく
株式投資型クラウドファンディングサービスを提供する他社に比べてイークラウドが思う強みをいくつかお教えください。
プラットフォームとして案件を厳選し、投資家にリターンを最大化するためにも資金調達をした会社の経営会議に参加するなど、ハンズオン・ハンズイフで伴走をさせていただいております。案件の「量」ではなく、将来も含めた「質」を追求していることが最大の強みであると感じています。
波多江代表取締役

企業側にとってのクラウドファンディングサービス利用するメリットは?

すぱいく
そもそも論ですが、ベンチャーキャピタルから投資されるような会社は、わざわざ個人投資家を増やして業務が煩雑になりうる株式投資型クラウドファンディングサービスを利用するメリットはあるのでしょうか?
資金調達だけであれば、ベンチャーキャピタルを利用したいという起業家の方が多いかもしれません。海外では株式投資型クラウドファンディングを活用して成長した英BrewDogのような事例もあり、株式投資型クラウドファンディング特有のリスクへの対策を理解したうえで、あえて株式投資型クラウドファンディングを選びたいと言ってくださる起業家も出てきています。

具体的には、自らが株式投資型クラウドファンディングというスキームでの先行事例になれる可能性、多数の株主に入ってもらうことで一緒にブランドやサービスを育てていったり、人的紹介などで具体的な事業成果に結び付けられる可能性などを感じていただいています。

投資家の方も成功事例が出ないと中々手を出しづらいように、起業家の方も自分自身の回りで成功事例がないと一歩を踏み出せないということがあると思います。

今後、一つでも多く先行事例・成功事例を個人投資家と一緒に生み出して、株式投資型クラウドファンディングを更に選びやすいものにしていければと思います。

波多江代表取締役
すぱいく
素人考えにおいては、ベンチャーキャピタルが目向きもしようとしない会社は、プロの投資家からみて魅力がないのではないかと思っています。よってベンチャーキャピタルが出資していないスタートアップ企業が、株式投資型クラウドファンディングサービスを利用するのは、リスクを個人に押し付けようとするような気がします。誤った考えだとは承知しておりますので、その認識の誤りをご指摘ください。

イークラウドでは、ベンチャーキャピタルと共存する資金調達の手段として設計をしています。実際に、2号案件としてご紹介したFLATBOYSでは同じ条件でベンチャーキャピタルが出資をしていたり、今後開示を予定している案件はベンチャーキャピタルから紹介されて資金調達を個人投資家にご案内することになった会社です。

今後もベンチャーキャピタルと共存する資金調達としての魅力を高めるべく、個人投資家の皆さまのご支援をお願いできればと思っています。

波多江代表取締役

イークラウドの審査基準や内容は?

すぱいく
イークラウドを利用しようとするスタートアップ企業の審査基準や具体的な内容などを開示できる範囲でお教えください。
イークラウドの審査ではベンチャー企業の事業面・財務面・法務面・労務面と幅広く細かい審査を行なっています。

また、イークラウドではそのような審査プロセスに加え、「担当者が自分のお金を投資したい会社か」、という独自の視点を大事に営業活動をしています。実際に担当者が投資するかどうかを強制するものではありませんが、プラットフォームとして、投資家の皆さまに自信を持ってご案内できるかという視点を大切にしています。

波多江代表取締役

過去の投資成功事例は?

すぱいく
イークラウド代表者波多江様などベンチャーキャピタルに携わっている役員の方は多くいらっしゃると思いますが、その経験において過去投資した成功例として挙げられる会社名をいくつかお教えください。
詳しくは、関係者が過去に所属していた会社をご参考ください

サイバーエージェントキャピタル:https://www.cyberagentcapital.com/

WiL:https://wilab.com/

XTech Ventures:https://xtech-ventures.co.jp/

波多江代表取締役

企業とイークラウドの案件成立後の関係性は?

すぱいく
今後、イークラウドのプラットフォームを利用して募集完了したスタートアップ企業が、個人投資家に対して情報開示を積極的にしないなど個人投資家にとって不利益が生じるようなケースが生じた場合、貴社はなんらからの指導は行うのでしょうか?また、そのような指導の担保などをスタートアップ企業との間で約束等はおこなっているのでしょうか?
事業の成長段階には、好調な時もあれば、思ったようにうまく行かず苦しい時もあります。好調な時は業績が報告しやすいものですが、苦しい時ほど株主に何をどのように伝えていいのか、経営者が苦悩することがあります。

我々は、経営者との信頼関係を構築し、好調な時も、苦しい時も、株主に対して情報提供ができる環境を整えるべく、全ての案件で月一回程度の定例会議等を開催し、個人投資家向けの情報開示をご支援しています。

波多江代表取締役

取材後記

失礼とは思いながら、かなり答えにくい質問を投げかけてみましたが、弱小サイトにも関わず真摯に回答していただきました。

取材に応じていただいた波多江代表取締役他関係者の皆様ありがとうございました。

イークラウドは、正直言って案件の少なさがネックですが、案件もしっかり精査して公開しているとのことです。イークラウド側としても、案件が成立しないと、スタートアップ企業側から手数料が入りませんが、現状の少ない案件成立数を考えると、安易に案件を公開して手数料を稼ぐという会社では無いと思います。とりあえず投資家登録したうえで、気長に待ちましょう。

ちなみに、イークラウドの投資家登録はもちろんのこと、投資家登録維持費用、さらに投資にかかる手数料は無料ですので、いつでも投資できるように、アカウントを持ち続けることができます。

イークラウドの公式情報はこちらを

公式情報イークラウド

【参考】最新のクラウドファンディング情報はこちらを

当ブログで紹介している最新のクラウドファンディング情報はこちらです。

ぜひシェアお願いします

この記事を含めて当ブログはリンクフリーです。もし参考になったらリンクしてかまいません。

また、気に入った記事はシェアしてください。ブログ更新の励みになります。

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

情報提供情報提供するとプレゼント

役立つサイト

金融庁

日経新聞 金融機関ニュース

日本銀行 Bank of Japan

相互リンク

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱいく(キャンペーン屋)

長年の銀行やネット証券の利用の経験や実際の投資体験をもとに高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログを運営する管理人。キャンペーン屋、週刊現代女性セブンさらに日経ヴェリタスなどでコメントする定期預金ウォッチャー。投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。恐妻家友の会会長。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、くりっく株365など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

-クラウドファンディング, 投資
-,

© 2021 1億円を貯めてみよう!chapter2