銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

foy2015

スポンサーリンク

投資

【速報】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015(第2部 結果発表) #foy2015

投稿日:2016年1月15日 更新日:

2016年1月15日(金曜日)19時から21時までの間、日比谷コンベンションホールで投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2015の結果発表&表彰式の第二部をお伝えします。第一部のインデックス投資アドバイザー カン・チュンドさんとトークライブについては以下のページをご覧ください。

【速報】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015(第1部 トークセッション) #foy2015

このエントリーの目次

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2015結果発表

今回は159名の投信ブロガーが投票しました。昨年は119名でしたので、40名の増加となります。昨年は相場も良かったことから裾野が大幅に広がった感じですね。今年は知らんけどね。

投資信託のブログ|ファンドの海のイーノ・ジュンイチさんとフリーアナウンサーの浜田節子さんが司会で登場。一気に10位から5位まで発表です。

第10位 iシェアーズMSCI 日本株最小分散ETF

10月20日に新規上場したブラックロック・グループの上場投資信託です。MSCI 日本株最小分散インデックス(最小分散投資により価格変動リスクをできるだけ最小となることを目指す指数である指数)に連動することを目的としたインデックスファンド。いわゆるスマートベータ指数のインデックスファンドですね。

iシェアーズMSCI 日本株最小分散ETFの基本DATA

  • 運用会社:ブラックロック・ジャパン
  • 信託報酬:0.19%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):---
  • トータルリターン(3年):---
  • 標準偏差(1年):---
  • 標準偏差(3年):---

第9位 ひふみプラス

レオス・キャピタルワークスのひふみ投信とマザーファンドが同じのひふみプラスは販売チャンネルが本家のひふみ投信の直販とは異なり各証券会社や銀行で購入可能です。

ひふみプラスの基本DATA

  • 運用会社:レオス・キャピタルワークス
  • 信託報酬:0.98%(税抜き)※純資産総額に応じて逓減する
  • トータルリターン(1年):21.88%
  • トータルリターン(3年):32.63%
  • 標準偏差(1年):11.94
  • 標準偏差(3年):15.05

レオス・キャピタルワークス株式会社|レオスの投資信託(ひふみプラス)

第8位 世界経済インデックスファンド

世界経済インデックスファンドは、三井住友トラスト・アセットマネジメントのバランスファンドであり、株式と債券が50:50という比率です。セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと似ていますが、こちらはGDP比率を参考にた地域別構成比率を定めて資産を配分しています。

世界経済インデックスファンドの基本DATA

  • 運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント
  • 信託報酬:0.50%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):-6.22%
  • トータルリターン(3年):11.12%
  • 標準偏差(1年):11.61
  • 標準偏差(3年):11.63

世界経済インデックスファンド|三井住友トラスト・アセットマネジメント

第7位 結い2101

結い2101は、独立系直販投信会社である鎌倉投信の日本株中心のアクティブファンドです。独自の哲学である「これからの社会にほんとうに必要とされる会社、 応援したくなるようないい会社に投資する」というコンセプトにより投資先を選別しています。最近はメディアにも出たことから受益者の増加が著しいファンドですが、運用成績は、東証株価指数であるTOPIXに負けています。

結い2101の基本DATA

  • 運用会社:鎌倉投信
  • 信託報酬:1.00%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):7.92%
  • トータルリターン(3年):15.87%
  • 標準偏差(1年):7.02
  • 標準偏差(3年):9.02

投資信託「結い2101」のご案内 | 鎌倉投信

第6位 eMAXISバランス(8資産均等型)

eMAXISバランス(8資産均等型)は、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内不動産、先進国不動産という8つの資産に均等に配分して投資する三菱UFJ国際投信のバランスファンドです。分かりやすいことから人気があるファンドです。

eMAXISバランス(8資産均等型)の基本DATA

  • 運用会社:三菱UFJ国際投信
  • 信託報酬:0.500%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):-3.50%
  • トータルリターン(3年):13.07%
  • 標準偏差(1年):10.46
  • 標準偏差(3年):10.68

eMAXIS バランス(8資産均等型) | eMAXIS

10位から6位のファンドについて竹川美奈子さんとエムアットさんの夫婦漫才で解説

10位から6位の解説として、竹川美奈子さんとエムアットさんが恒例の夫婦漫才を開始しました。

竹川氏 前回エムアットさんにつっこんで可愛そうと言われたので今年は穏やかにいきたいと思います。昨年の上位10位のファンドは低コストのインデックスファンドが多数入っていますね。

昨年の特徴としてバランス型の投資信託が3本入ったということですね。また直販のアクティブファンドが2本入りました。

昨年の最大の関心事はVTが三連覇なるかということでしたが、4ポイント差で敗れ、会場はどよめきがありました。エムアットさんつけたしありましたか?

エムアット氏 世界経済インデックスファンドが入ったというのが特徴ですかね~。

竹川氏 10位のiシェアーズMSCI 日本株最小分散ETFですが、昨年上場したスマートベータのファンドです。

エムアット氏 最小分散を評価したということですね。毎年1本くらいマニアックなものが入りますよね。

竹川氏 9位のひふみプラスです。日本株のアクティブファンドです。レオスは直販のひふみ投信もありますが、こちらは販売会社を通じて販売しています。今はひふみ投信よりも残高が多いです。

昨年16位から9位に初めて10位にランクインしました。

竹川氏 第8位世界経済インデックスファンドです。バランス型のファンドですね。こちらは昨年7位から8位にランクインです。

エムアット氏 バランスファンドのブロガーのコメントは長い!!

竹川氏 もうちょっと取り上げていただければww

第7位は結い2101。直販型の日本株アクティブファンドです。今年に入って運用残高が増えているのはなぜですか?

エムアット氏 NHKに出てから受益者が極端に増えました。

竹川氏 コアファンが多いのですかね。

エムアット氏 投資哲学や運用スタイルが明確で目標とするリスクリターンをあげて運用していることなど評価されていますね。リスクを10%以下リターンは4%を目指して運用していますね。

竹川氏 eMAXISバランス(8資産均等型)ですが、バランスファンドですね。安定して資産が増えていますよね。昨年5位。今年は6位でした。

エムアット氏 幅広い資産に均等分散が評価されているようです。eMAXISというと、新興国がランクインする傾向がありましたが、支持者が増えたのでしょう。

ここで、竹川美奈子さんとエムアットさんが一旦下がって、いよいよ上位の発表です。

第5位 ひふみ投信

独立系直販のアクティブファンドの雄、ひふみ投信がランクインです。過去ひふみプラスと票が分散したので中々上位に進出できなかったのですが、今年は5位でした。特にベンチマークは定めていませんが、東証株価指数であるTOPIXを圧倒的に上回る運用成績を収めており、その点が評価されての上位進出です。

ひふみ投信の基本DATA

  • 運用会社:レオス・キャピタルワークス
  • 信託報酬:0.98%(税抜き)※保有年数によって低廉となる
  • トータルリターン(1年):21.75%
  • トータルリターン(3年):32.59%
  • 標準偏差(1年):12.05
  • 標準偏差(3年):15.13

ひふみ投信

竹川さんとエムアットさんの夫婦漫才:ひふみ投信編

またもや、竹川さんとエムアットさんが登場。

竹川氏 今年はひふみ投信とひふみプラスが両方ランクインです。びっくりポンですね。すいません。外しました。キャッシュ比率を柔軟に変更し、リスクを抑えてリターンを狙うアクティブファンドです。

ひふみプラスと違って直販であることと、長期で保有すると信託報酬が下がるファンドです。

2011年から5年連続10位にランクインしています。昨年6位から5位にランクインです。今年初めてレオスキャピタルワークスにご登壇いただくことになりますね。

エムアット氏 藤野さんの社長復帰で安心して持てるようになったということですね。

竹川氏 それはピーじゃないんですかww

エムアット氏 情報発信・開示も熱心ですよね。

ということで、竹川美奈子さんエムアットさんが下がり、レオスキャピタルワークスの藤野社長が登壇と思ったら、藤野さんがお越しになってないということで白水取締役に代わりに登壇して表彰状を受領しました。

白水取締役の挨拶

「みなさまこんばんは。藤野は会の進行が10分が早く進んでいるため、間に合いませんでした。このような賞をいただき、誠にありがとうございます。苦節7年、はじめてFOYの会場でお礼を申し上げることができました。ありがとうございます。4年連続してR&Iのファンド大賞を受賞しておりますが、情報開示等を評価していただき5位に入れたことは大変うれしいことです。

良い投資信託は良いお客様が付くと言われます。皆様が良い情報を発信していただけるからこそ、評価していただけたのかと思います。引き続きひふみ投信&ひふみプラスをよろしくお願い申し上げます。」

その後、バンガードの金野さんの挨拶の後に、進行が早いため形として遅れてしまった藤野社長が挨拶されました。

藤野社長の挨拶

「ありがとうございます。表彰できることを嬉しく思います。最初はここに来る権利がある聞いてインデックスファンドじゃないのに貰えるとは思いませんでした。いろんな意味で厳しい目を持っている皆様に選ばれたのは嬉しく思います。私は世界経済はインデックス投資は良いと思っていますが、日本市場においては、トピックスが最悪だと思っています。

アベノミクスは苦手な相場でした。大型株中心で上がる相場だったので、苦しい3年間でしたが、今年になってマーケットが崩れてきていますので、インデックスに勝つためにはいい相場になってきたかなと思います。インデックス派の方を少しでも趣旨替えさせられればと思います。」

第4位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが4位にランクイン。このファンド1本に投資することで、世界30カ国の株式と10カ国以上の債券に分散投資することが可能です。債券と株式の資産配分比率は50:50であり、債券、株式の地域別の配分比率は時価総額比率を用いています。

私もアセットアロケーションを組むことが大変だと考える初心者向けのファンドとしては最適と思っていますので、昨年と同様5票を投票しました。

最近は安定して上位にランクインしています。

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドやセゾン資産形成の達人ファンドのメリットやデメリットを解説しました

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基本DATA

  • 運用会社:セゾン投信
  • 信託報酬:0.69%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):-2.68%
  • トータルリターン(3年):14.73%
  • 標準偏差(1年):10.02
  • 標準偏差(3年):11.04

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

竹川さんとエムアットさんの夫婦漫才:セゾン・バンガードGBF編

竹川美奈子さん、エムアットさんがまたご登壇。

竹川さん 4位に入ったセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。一時期凄い流出があったのですが、最近は安定していますね。1014億円まで純資産額が増加していますね。

2007年に1位で、そこの後順位は急落しましたが、昨年目出度く3位にランクイン。今年は1つポイントを落して4位にランクイン。

エムアットさん 初心者向けのファンドであることと、信託報酬が下がったことを評価されたのかと思います。

竹川さん 下げたのはバンガードですけどね(場内笑)

セゾン投信中野社長が来場しています。表彰状はrennyさんから授与です。

中野社長の挨拶

「昨年楽しみにしていたのですが、インフルエンザにひっかっかってしまい。今年も週末8度2分になってしまったのですが、幸い普通の風邪で檀上に立つことができました。2007年の1位は呼ばれなったので、このような舞台に立つことが初めてで記念すべき年となりました。セゾン投信として、何よりも欲しい賞が、こちらのファンドオブザイヤーなんです。生活者の方が選んだものだから価値があると思っています。お金のやり取りが無い!来年もぜひ登壇したいと思っております。めんどくさくて考えたくないという方に8割の満足を提供するために作ったファンドです。これからもご愛顧いただければと思います。

竹川さんが信託報酬を引き下げたという話がありましたが、自動で引き下がったわけでは無く、バンガードと大変な交渉をして信託報酬を引き下げましたので、そこを評価していだければと思います。末永くよろしくお願いします。」

セゾン投信のプレスリリースなど

seison

第20位から11位の結果

毎回思いますが、第20位から11位までの発表が現地ポートを作成する身としては大変辛いです。理由は、この10本がスクリーンに映し出される時間は1分に満たないことから、間違いがあるかもしれません。公式発表で相違がありましたら訂正します。

第20位ニッセイ日経225インデックスファンド

ニッセイ日経225インデックスファンド(DC)-投資信託のニッセイアセットマネジメント

第19位<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)-投資信託のニッセイアセットマネジメント

第18位バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(PDF)

第17位トレンド・アロケーション・オープン

トレンド・アロケーション・オープン│三菱UFJ国際投信

第16位eMAXIS 新興国株式インデックス

eMAXIS 新興国株式インデックス | eMAXIS

第15位SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン

SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン|三井住友トラスト・アセットマネジメント

第14位野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型

野村インデックスファンド 愛称:Funds-i(ファンズアイ)|ファンド情報|野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型

第13位SMT グローバル株式インデックス

SMT グローバル株式インデックス・オープン|三井住友トラスト・アセットマネジメント

第12位<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド-投資信託のニッセイアセットマネジメント

第11位セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンド

第3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

おっと、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が3位。会場がどよめきました。2012年、2013年の覇者であり、昨年3連覇できなかった(昨年2位)のVTが1つ順位を落としました。

全世界の先進国株式市場および新興国株式市場への投資収益を測る基準指数(FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス)をベンチマークとする海外籍のETF(上場投資信託)です。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの基本DATA

  • 運用会社:ザ・バンガード・グループ・インク
  • 経費率:0.17%
  • トータルリターン(1年、円貨ベース):-1.53%
  • トータルリターン(3年、円貨ベース):20.29%
  • 標準偏差(3年):10.77

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(PDF)

竹川さんとエムアットさんの夫婦漫才:VT編

また夫婦漫才の開始です。

竹川さん でちゃいましたね。3位に。海外国籍のETFが初登場です。昨年2位から1つ順位を落としてしまいました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパンマーケティング部の金野さんが登壇して表彰状と盾の授与式となります。

バンガード・インベストメンツ・ジャパンマーケティング部金野さんの挨拶

「ありがとうございます。去年は3連覇を狙っていまして、2位だったので動揺をかくせませんでした。今年はコスト革命ということでVTがどうなるのか心配だったのですが、3位にランクインすることができました。バンガードが海外に拠点を出すときに、競合他社が経費を下がるというバンガードエフェクトという現象が起きますが、日本に進出してバンガードエフェクトが来たのではないかと僭越ながら思いました。

低コストでの投資を日本の投資家の皆様へ提供することにより、資産形成のお助けをできればと思っております。VTはブロガーの皆様にリーサルウェポンとの評価をいただいておりますので、来年もこの場に出れるように頑張りたいと思います。」

バンガード・インベストメンツ・ジャパンのプレスリリース

バンガード-長期・分散・低コスト- 祝!VT3位  『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015』

第2位 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド

会場すこしどよめきました。今回初登場。日本を除く先進国・新興国の株式を投資対象としたインデックスファンドです。元々確定拠出年金(DC)向けファンドでしたが、2015年12月より一般向けに販売を開始しました。現在は楽天証券で購入可能です。

三井住友・DC全海外株式インデックスファンドの基本DATA

  • 運用会社:三井住友アセットマネジメント
  • 信託報酬:0.25%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):-3.06%
  • トータルリターン(3年):20.04%
  • 標準偏差(1年):18.61
  • 標準偏差(3年):16.06

概要/三井住友・DC全海外株式インデックスファンド - 三井住友アセットマネジメント

竹川さんとエムアットさんの夫婦漫才:三井住友・DC全海外株式インデックスF編

竹川さん またインデックスに戻りますよ。これは日本を除く全海外株式のインデックスファンドとなります。

エムアット氏 信託報酬が圧倒的に安い(0.25%)を評価されたのではないでしょうか。

竹川さん 一般で販売できるようになってブロガーの間で大いに盛り上がっていましたよね。

エムアット氏 え、あっと。

竹川さん すいません、息が合いませんね(会場笑)

エムアット氏 コスト競争のきっかけを作っていただいたことなど評価されたようですね。

竹川氏 社長が変わられてから、かなり攻めていますよね。今後も攻めていただければと思います。

三井住友トラスト・アセットマネジメント上山執行役員が登壇しました。

三井住友アセットマネジメント株式会社 上山執行役員の挨拶

「私どもの会社は、会社として初めてファンドオブザイヤーに選んでいただきました。誠にありがとうございます。最初に招待状を頂いたときは冗談かなと思いました。名前のとおり確定拠出年金向けのファンドですが、我々が考えていたのは一般の方が買える投資信託が無いか考えていたのですが、DC向けのファンドがあるじゃないかということで、おろすときはコスト革命を考えていたわけではありません。他社に恨まれるかなと少しは思いましたが。

最近いろいろやっておりますので、直販のホームページなどご覧いただき、引き続き応援よろしくお願いします。」

三井住友アセットマネジメント株式会社のプレスリリース

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」において、弊社投資信託が2位を受賞いたしました。| 三井住友アセットマネジメント株式会社(PDF)

第1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

おめでとうございます。2連覇達成です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド-投資信託のニッセイアセットマネジメント

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの基本DATA

  • 運用会社:ニッセイアセットマネジメント
  • 信託報酬:0.24%(税抜き)
  • トータルリターン(1年):-1.6%
  • トータルリターン(3年):---
  • 標準偏差(1年):18.97
  • 標準偏差(3年):---

竹川さんとエムアットさんの夫婦漫才:ニッセイ外国株式インデックスF編

竹川氏 2位が73ポイントで、1位213ポイントですので圧倒的大差をつけての圧勝です。ニッセイも信託報酬引き下げを考えているという報道が出て、おかげさまで、今年はニッセイアセットマネジメト待ちということで、投票動向が遅くなりました。純資産も順調に増えていおります。ちなみに今まで3連覇はどのファンドもしておりません。

エムアット氏 信託報酬の引き下げを評価した方が多いようですね。また授賞式に来てくれるのかというのも注目されているようですね(場内笑)

竹川氏 今年はニッセイアセットマネジメントさんがお越しになっているのかどうか皆さんご関心があるかと思います。

 

な、なんと、ニッセイアセットマネジメントの上原取締役執行役員がご来場です!!(ニッセイアセットマネジメントは、過去一度も授賞式に出席したことはなく、昨年1位だったにも関わらず諸事情により欠席しています。)

ニッセイアセットマネジメント株式会社 上原取締役執行役員の挨拶

「この度2年連続して頂戴しありがとうございます。また昨年欠席したことをお詫び申し上げます。決してインフルエンザではありません(笑)

どうしてコストの引き下げをしたのかということをお話しようかと思います。三井住友トラスト・アセットマネジメント様のDCが2位に入っています。実は19位に<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)はDC向けのファンドでした。今では資産規模も増えておりますので、当社がDCファンドの草分け的存在であると思います(場内笑)

<購入・換金手数料なし>という名前は、ノーロードというものが商標登録されているため、敢えて日本語で勝負しました。晴れて昨年1位をいただき、今年も1位をいただき大変ありがいと思います。昨年三井住友トラスト・アセットマネジメント様がDCを投入するということで、ニッセイアセットマネジメントがどうするのかというお声がありました。低いインデックスファンドを更に下げることは大変なことなのです。簡単な方法は委託手数料を下げるという方法です。それでは、いろいろとご意見があるかと思いますので、受託手数料を下げるというウルトラCではなくウルトラDをやりました。コストを下げるメリットは大きいものですから、今後も引き続きご支援をいただければと思います。」

ニッセイアセットマネジメントのリリース

nissei

購入・換金手数料なしシリーズ~こだわりのインデックスファンド | 投資信託ならニッセイ アセットマネジメント

運営委員長rennyさんの挨拶

「皆様お疲れさまでした。2015年はコスト革命など大きく動きまいたが、さらにコスト革命は続いております。

今回受賞されてた各社の皆様には、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015を受賞したことを積極的にアピールしていただければと思います。もちろん無料です。
ブロガーがもっともっと増えてくれることを期待して、来年も楽しみにしていただければと思います。本日はありがとうございました。」

授賞式記念撮影

IMG_20160115_204946_1

ということで現地からお伝えしました。

ということで現地からは以上となります。ほぼリアルタイムでタイピングしているため、誤字脱字があれば訂正いたします。また、記事公開後、時間を見つけて加筆する予定です。

関係者各位お疲れ様でした。

【追記】公式ページでも詳細がアップされました。

公式ページにおいても詳細がアップされました。ぜひチェックしてください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、以下のバナーによるRSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

1億円を貯めてみよう!フェイスブックページではブログに公開していないキャンペーン速報などもお伝えしています。

Subscribe with livedoor Readerfollow us in feedlyRSSRSSRSS


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。

関連コンテンツ1


銀行の普通預金金利を120倍にするクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカード系の最強のクレジットカードです。

WAON利用で1%還元のほかイオングループでの買い物はいつでもときめきポイントが2倍になります。

さらにイオン銀行の普通預金金利がメガバンクの120倍の0.12%になるなどイオン銀行との連携優遇サービスが豊富です。

もちろん年会費は不要ですし、イオン系クレジットカードは1枚だけじゃなく2枚~3枚と複数所有可能ですので、シーンや特典に応じて使い分けることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです

スポンサーリンク

銀行や証券会社などの口座開設キャンペーンをまとめ

現金やポイントなどがもらえるお得なネットバンクや証券会社などの口座開設キャンペーンまとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ

定期預金 高金利キャンペーン総まとめ(夏から冬のボーナス時期の比較)【2016年7月・8月・9月・10月・11月・12月】

超短期の定期預金の金利ランキング

1週間定期預金と2週間定期預金の金利ランキング【円貨版】

普通預金の金利ランキング

ネットバンクや地方銀行や信用金庫のインターネット支店の普通預金の金利ランキング【随時更新版】
スポンサーリンク

高還元率のクレジットカードまとめ

おすすめの原則年会費無料で高還元率のクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

自動車を運転する方にオススメのクレジットカードまとめ

2,000円分のポイントが貰えます

Uポイントが2,000点もらえるUCSカードインターネットでの入会限定キャンペーン実施中です

資金移動の禁断の裏ワザ

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

adsense(レスポンシブ)

スポンサーリンク

-投資
-, , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2016 AllRights Reserved.