銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

みずほ銀行みずほ信託銀行みずほ証券

スポンサーリンク

サービス

みずほ銀行みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の取引条件が12月末から変更になります

投稿日:2016年10月15日 更新日:

他行宛振込手数料が最大4回まで無料となるなどの特典があるみずほ銀行みずほマイレージクラブの「うれしい特典」の取引条件が平成28年12月末から変更になります。

詳細を確認してみましょう。

スポンサーリンク

みずほ銀行みずほマイレージクラブとは?

みずほ銀行やみずほ証券の顧客優待プログラムで、みずほ銀行以外もみずほ信託銀行やみずほ証券での取引も優待内容の条件になります。

なお、優待内容は「うれしい特典」というネーミングですね。近日中に徹底解説記事をアップします。

「うれしい特典」の特典内容

 

取引内容 基本特典 基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月1回
基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月4回
ATM時間外手数料無料 みずほ銀行ATM 月何回でも0円
イオン銀行ATM 月何回でも0円
コンビニATM 月4回まで0円
振込手数料 みずほ銀行本支店宛 月何回でも0円
他行宛  ---- 月1回まで0円 月4回まで0円
カード発行手数料 0円
キャッシュカード補償 不正利用による損害を年間100万円まで補償
みずほ証券ポイント(みずほ証券) 1.2倍
株式委託手数料(みずほ証券) 3%割引

みずほマイレージクラブの「うれしい特典」の取引条件の変更について

変更日:平成28年12月末の取引条件判定より

新たに追加される絶対条件について

今まではみずほマイレージクラブでの申込のみでしたが、基本特典と他行宛振込手数料無料回数月1回つきの特典については、みずほダイレクト(インターネットバンキング)またはかんたん残高照会(インターネット残高照会)の初回登録が必要になります。

取引条件の追加

「うれしい特典」の基本特典の取引条件において、以下の項目が追加になります。

  • 給与受取
  • 25歳未満の学生(2016年12月開設予定の
  • オリコカード利用(3,000円以上)

取引条件の変更

「うれしい特典」の基本特典の取引条件において、以下の項目が変更になります。

  • 基本特典の預資産残高10万円以上が30万円以上に
  • 他行宛振込手数料が月1回無料となるNISA口座開設が永久ではなく、口座開設してから2年間に短縮

スポンサーリンク

今回の改定のまとめ

「うれしい特典」の取引条件(変更前)

みずほマイレージクラブに加入し、以下の取引条件のうちいずれか1つを満たせば特典をうけることができます。

取引条件 基本特典 基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月1回
基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月4回
みずほマイレージクラブカード
(クレジットカード、みずほマイレージクラブカード/THE POINTなど)
毎月の利用  --- 年間100万円の利用
みずほ銀行、みずほ信託銀行の各種円預金残高

みずほ銀行、みずほ証券のMMFやMMR残高の合計
10万円以上 50万円以上 500万円以上
資産運用商品 --- --- みずほ銀行もしくはみずほ信託銀行、みずほ証券で残高があること
NISA口座 --- みずほ銀行もしくはみずほ証券でNISA口座を持っていること ---
住宅ローンやカードローン --- --- みずほ銀行から借入れ残高があること

「うれしい特典」の取引条件(変更後)

絶対条件の追加

赤字が追加したものです

絶対条件 基本特典 基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月1回
基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月4回
みずほマイレージの加入
みずほダイレクト(インターネットバンキング)の契約

または

かんたん残高照会の初回登録

---

取引条件の変更

以下の取引条件のうちいずれか1つを満たせば特典をうけることができます。赤字が追加や変更となった点です。

取引条件 基本特典 基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月1回
基本特典

他行宛振込手数料
無料回数月4回
みずほマイレージクラブカード
(クレジットカード、みずほマイレージクラブカード/THE POINTなど)
毎月の利用  --- 年間100万円の利用
みずほ銀行、みずほ信託銀行の各種円預金残高

みずほ銀行、みずほ証券のMMFやMMR残高の合計
30万円以上 50万円以上 500万円以上
資産運用商品 --- --- みずほ銀行もしくはみずほ信託銀行、みずほ証券で残高があること
NISA口座 --- みずほ銀行もしくはみずほ証券でNISA口座保有
(口座開設後2年間適用)
---
住宅ローンやカードローン --- --- みずほ銀行から借入れ残高があること
給与受取 --- ---
25歳未満の学生

(大学生や専門学校生など)

(別途登録が必要)

--- ---
引落し口座をみずほ銀行にしているオリコカードの利用
(毎月3,000円以上)
--- ---

スポンサーリンク

残高が30万円以下の方はご注意を

今までみずほ銀行に10万円さえ預けていれば、ATM時間外手数料無料になるサービスを受けられましたが、今後は30万円以上必要になります。こういった方は今回の改定内容を把握して対策を取るようにしましょう。

なお、みずほ銀行みずほマイレージクラブの攻略方法は以下のページで解説しています。

みずほ銀行みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の取引条件や最大月4回まで他行宛振込手数料無料になるなどの特典さらに攻略法などを解説します

みずほ銀行みずほマイレージクラブという個人向け会員サービスがあります。 他行宛振込手数料が最大月4回まで無料となるなど結構美味しいサービスがありますので、その条件や特典内容さらに攻略法などを解説します ...

続きを見る

みずほ銀行公式情報はこちらです

みずほ銀行:みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の「お取引条件」の変更

他にも他行宛振込手数料が無料となる金融機関はありますよ

このほかにも、他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますよ。

詳細は以下のページをご覧ください。

資産形成や貯金
5分で分かる他行宛振込手数料が無料になる銀行や信託銀行などの全25サービスまとめ

他行宛振込手数料が無料となる銀行や信託銀行、さらに労働金庫などのサービスをまとめました。全部で25サービスです。 一般的に他行宛振込手数料は、インターネットバンキングでも1件あたり216円から540円 ...

続きを見る

 

【参考】預けた資金を無料で他の金融機関の自分の口座に移動させる方法

預けた資金をを無料で他の金融機関の自分の口座に振り込む方法は以下のページで解説しましたのでぜひご覧ください。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

みずほ銀行は、SBI証券マネックス証券楽天証券カブドットコム証券GMOクリック証券などの主要ネット証券会社のほか、FXプライムbyGMO外為オンラインDMMFX外為ジャパンなどにおいてクイック入金可能ですので、振込手数料を支払うことなく他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

ホントは教えたくない無料で金融機関の資金を移動する裏技【地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合、労働金庫もOK】

ネットバンク、地方銀行のインターネット支店、信用金庫、信用組合などは高利の定期預金を募集していますが、ネックが満期資金を移動させるときに、振込み手数料が発生することです。 そこで、無料で資金移動させる ...

続きを見る

 

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-サービス
-, , , , ,

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.