銀行、信用金庫、ネットバンク、信用組合、労働金庫の高利の定期預金や証券会社などの金融機関やクレジットカード、電子マネー、ETC、テーマーパークのキャンペーン情報をいち早く伝えるブログ

1億円を貯めてみよう!chapter2

スポンサーリンク

サービス

マネックス証券のメリット

投稿日:2014年5月23日 更新日:

マネックス証券のメリットは以下のとおりです。

公式情報マネックス証券のメリット

各メリットについて解説します。

マネックス
マネックス証券とは?

老舗のネット証券会社のマネックス証券の成り立ちや筆頭株主などを解説します このエントリーの目次マネックス証券の設立は1999年マネックス証券の大株主はマネックスグループマネックスグループは、静岡銀行の ...

続きを見る

低廉な株式売買手数料

マネックス証券の株式売買手数料は低廉な株式売買手数料です。

マネックス証券の口座開設・維持管理費用・株式売買手数料について

マネックス証券の株式売買手数料は、ネット証券ということで、対面販売の証券会社に比べて圧倒的に低廉です。 それぞれ解説します。 このエントリーの目次マネックス証券の口座開設費用について口座維持費用も無料 ...

続きを見る

口座開設費用や口座維持費用が無料

多くのネット証券会社と同様に、口座開設費用や口座維持費用が無料です。

マネックス証券の口座開設・維持管理費用・株式売買手数料について

取引でマネックスポイントが貯まる

マネックス証券は、マネックスポイントという独自のポイントサービスがあります。

株式の売買などがマネックスポイントで還元されるほか、投資信託の購入などで申込時手数料の1.5%のポイントが貯まります。

また投資信託の保有額の月平均残高の年利0.08%(毎月12分の1×0.08%)のポイントが貯まります。

貯まったマネックスポイントは株式手数料へ充当できるほか、マイレージやnanacoやTポイントなどに交換できます。交換レートは原則として1ポイント5円です。

マネックスポイント付与対象外の投信保有口座及び投資信託

  • NISA口座、ジュニアNISA口座(未成年者口座)、課税未成年者口座、株式らくらく口座、投資一任口座で保有している場合
    MRF、MMF、外貨建てMMF
  • ニッセイ日経225インデックスファンド
  • eMAXISシリーズ(三菱UFJ国際投信)
  • <購入・換金手数料なし>シリーズ(ニッセイアセット)
  • 「たわらノーロード」シリーズ(アセットOne)
  • 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)/50(標準型)/70(株式重点型)
  • 三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)
  • 三井住友・日本債券インデックス・ファンド
  • 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
  • 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
  • 三井住友・DC外国債券インデックスファンド
  • 三井住友・DC日本リートインデックスファンド
  • 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
  • 三井住友・ライフビュー・バランスファンド30(安定型)/50(標準型)/70(積極型)
  • SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)
  • iFreeシリーズ(大和証券投資信託委託)
プレゼント
マネックスポイントの貯め方や使い方さらに有効期限などを解説しました

マネックスポイントのため方や使い方などを解説します。 このエントリーの目次マネックス証券で投資信託を購入すると貯まる投資信託購入する場合の対象外取引についてマネックス証券で投資信託を保有するだけで貯ま ...

続きを見る

米国株式の手数料も最も低廉かつ取扱数ナンバーワン

米国株式の手数料は国内証券会社の中でも最も低廉です。さらに、取扱数ナンバーワンで時間外取引も唯一対応している証券会社です。

米国株式取引は主要証券会社の取引時間や手数料さらに取扱銘柄などスペックを徹底比較しました

米国株式取引は主要な証券会社ではできるのですが、証券会社によって大幅に手数料や取引条件が異なります。 そこで、主要証券会社のの取引時間や手数料さらに取扱銘柄などスペックを比較してみました。 このエント ...

続きを見る

米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバックプログラムで手数料が戻ってくる

米国株の魅力は、優れた配当指向と徹底した透明性さらに日本市場よりも高い流動性があり、最近の国内の個人投資家の間でも注目されつつあります。

米国株は取引手数料が高いのがネックで、業界最低水準のマネックス証券ですら最低でも5ドル手数料かかるため、銘柄や数量によっては手数料負けする場合もあります。

しかし、この米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバックプログラムを利用すれば手数料の大半が返ってきます。

マネックス証券米国株取引デビュー応援手数料全額キャッシュバックを解説します

マネックス証券の常設プログラムとして米国株取引手数料を全額キャッシュバックするプログラムがあります。 題して「米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバック」ってそのままですね。 その「米国株取引 ...

続きを見る

海外ETF・株式を特定口座で売買可能

海外ETF・株式の譲渡益や配当金・分配金に関する課税は、個人で確定申告するのは、難しく面倒な手続きが必要ですが、特定口座ならば、確定申告の手間などが軽減されます。

マネックス証券は、その特定口座で海外ETF・株式を買可能です。現時点で対応しているのは、マネックス証券・楽天証券・SBI証券の3社のみです。

ゼロETFで米国ETF(上場投資信託)の株式売買委託手数料を実質無料になる

米国ETF(上場投資信託)の株式売買委託手数料を実質無料とする米国ETF売買手数料実質無料プログラム(ゼロETF)が平成29年2月27日からスタートしました。

対象のETFを購入すると株式売買委託手数料がキャッシュバックされます。

無料
マネックス証券ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)が2017年2月27日からスタートしたので徹底解説しました

マネックス証券が米国ETF(上場投資信託)の株式売買委託手数料を実質無料とする米国ETF売買手数料実質無料プログラムを2月27日から開始しました。 プログラム名は「ゼロETF」で、マネックス証券がウィ ...

続きを見る

投資信託を毎月100円から自動積立することができる

マネックス証券は毎月100円から投資信託の自動積み立てすることができます。

この自動積立により、定期的に一定の金額で購入することで、投資信託の基準価額が安い時には多く、高い時には少なく購入しするというドルコスト平均法が利用可能です。

100円とキーボード
マネックス証券も投資信託最低購入金額を引き下げにより最低100円から投信を買うことができます【2017年7月10日から】

マネックス証券が投資信託の最低購入金額をようやく100円に引き下げを公表しました。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次マネックス証券 投資信託最低購入金額の引き下げについて変更点マネック ...

続きを見る

高利の社債であるマネックス債が買えるのはマネックス証券のみ

高利の社債として大人気のマネックス債はマネックス証券の独占販売です。

すぐに売り切れるため、社債が発行されてからマネックス証券の口座開設を申し込んでも間に合いません。

マネックス
個人向けマネックス債の過去の発行履歴まとめ

高利の社債として人気が高いSBI債とマネックス債ですが、マネックス債の発行履歴をまとめました。 このエントリーの目次個人向けマネックス債の発行履歴についてマネックス債は発売後にすぐに完売する人気商品で ...

続きを見る

個人向け国債を購入するだけで現金が貰える

個人向け国債を購入するだけでマネックス証券は現金が貰えるキャンペーンをよく実施します。個人向け国債は中途換金可能ですので、換金可能となる1年後に中途換金しても、貰えるポイント返す必要はありません。つまりポイント分がまるまるお得なるという計算になります。

マネックス証券の個人向け国債キャンペーンの貰える現金や実質利回りなどを解説しました

マネックス証券が個人向け国債キャンペーンを実施中です。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次マネックス証券 個人向け国債キャンペーン主な購入金額ごとの付与ポイントについて税引前金利換算につ ...

続きを見る

ロボ・アドバイザーによる資産運用サービス(マネラップ)を利用できる

マネックス証券とマネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社が共同でリリースしたロボ・アドバイザーによる資産運用サービスであるマネラップ[MSV LIFE]を利用することができるのはマネックス証券だけです。

マネックス証券マネラップ[MSV LIFE](ロボ・アドバイザーを利用した個人向けラップサービス)について解説します

マネックス証券とマネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社は、2016年9月17日より、ロボ・アドバイザーを利用した個人向けラップ(投資一任運用)サービスマネラップ[MSV LIFE]の提供を始め ...

続きを見る

ちなみに、マネラップ(投資一任口座)を開設するだけで200円が貰えるマネラップ資産形成 応援プログラムもあります。

マネックス証券のマネラップ資産形成 応援プログラムはお手軽に現金が貰えます

マネックス証券のロボ・アドバイザーサービスであるマネラップに新たなプログラムが追加になりました。 その名も「マネラップ資産形成 応援プログラム」。 詳細を確認してみましょう。 このエントリーの目次マネ ...

続きを見る

高機能トレーディングツール「トレードステーション」が利用できる

マネックス証券は、高機能トレーディングツール「トレードステーション」の日本株式版が唯一利用可能な国内証券会社です。

マネックス証券トレードステーションの推奨環境・取引銘柄や費用さらにメリットデメリットなどを徹底解説

マネックス証券のトレードステーションのサービス開始となりましたので徹底解説します。 ※トレードステーションの公式情報などは以下のリンク先をご覧ください。 公式情報マネックス証券TradeStaion ...

続きを見る

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は業界最低水準のコストと最強のラインナップ

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は、業界最低水準のコストと最強のラインナップです。さらに、他社には無いiDeCoポートフォリオ診断も無料で利用できるので初めて方でも簡単に利用することができます。

資産形成や貯金
マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)のラインナップや費用さらに無料で利用できるiDeCoポートフォリオ診断などを解説します

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が9月30日からサービス開始しましたので、ラインナップや費用などを解説します。 ※マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の公式情報はこちら 公 ...

続きを見る

マネックス証券のメリットのまとめ

まとめ、このようにマネックス証券のメリットはたくさんあります。

業界最安水準の手数料を誇るマネックス証券ですが、実は、日本株以外も高配当かつ株価が上昇しつづけている米国株式にも大変強い証券会社です。

マネックス証券

低廉な株式売買手数料が魅力のマネックス証券。マネックスポイントが貯まるのも良いですね。また高利の社債のマネックス債もマネックス証券でしか購入できません。

個人向け国債を購入するだけで現金が貰えるのも魅力ですし、個人型確定拠出年金(iDeCo)のコストも低くや取扱商品さらにサービスも大変手厚いです。

もちろん口座開設費用や口座維持費用も無料で、口座開設申込してから最短3日で取引可能と迅速な対応も売りのネット証券。

日本株以外も高配当かつ株価が40年近くも上昇しつづけている米国株式の取引に最も適した大変強い証券会社です。

マネックス証券の口座開設キャンペーンも実施中です

期間限定ですがマネックス証券の口座開設キャンペーンも実施中です。マネックス証券の口座開設費用や維持費用は当然無料ですし、書類返送不要なペーパーレス口座開設ならば最短3営業日で取引可能になります。

マネックス証券新規口座開設 現物株式買付手数料実質0円キャンペーンがスタートしたので他の口座開設キャンペーンとあわせて解説します【10月31日まで】

マネックス証券の新規口座開設した方向けのキャンペーンがスタートしました。 詳細を確認してみましょう。 マネックス証券の公式ページによる詳しい解説やマネックス証券口座開設はこちらから 公式情報マネックス ...

続きを見る

当ブログはキャンペーン屋の名にかけて、金融機関などのキャンペーンを紹介していきます。

いち早く情報を手に入れたい方は、RSS登録やtwitterアカウントのフォローをおすすめします。

feedlyfeedlyに登録する

RSSRSSを表示する

Twitter管理人の twitterアカウント(@Spike_komainu)をフォローする

Facebook1億円を貯めてみよう!フェイスブックページにいいねする

オススメ最大15,000円分のポイントが貰えるキャンペーンとは?

情報提供情報提供するとプレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう(最新記事をお届けします)

Twitterで管理人アカウントを

X-lift(クロスリフト)


[お願い]記事の内容については正確性に努めていますが、紹介した定期預金やキャンペーン、イベントなどを利用・参加する場合は、必ず公式情報をご確認ください。
当ブログは、掲載情報の誤表記、読者の錯誤並び掲載情報入手時期による機会損失等により被った損害について一切の責任を負いかねます。 さらに、それらを起因とした苦情を、キャンペーン等実施元である金融機関や団体に対して行わないでください。


  • この記事を書いた人

すぱいく(管理人)

高利の定期預金や金融機関キャンペーン情報満載のブログ管理人。キャンペーン屋、定期預金研究家、投資信託積立マニア。 画伯マネージャー。投信ブロガーが選ぶFOY懇親会実行委員。投資は、投資信託、現物株、ETF、金、プラチナ、FX、トライオートETF、仮想通貨など。 すぱいくの自己紹介 | 1億円を貯めてみよう!chapter2

http://ichiokuen-wo.jp/

-サービス
-

Copyright© 1億円を貯めてみよう!chapter2 , 2017 All Rights Reserved.